2007/08/31

このブログについて

このブログは2005/06-2007/08とmsnのスペースで書かれていた「徒然なるままに」のリニューアル版です。

以前と変わらず、都内某大学の経済学部生が、思ったことを「そこはかとなく」書き付ける場所です。


元々ブログを始めた理由は「言葉によって自分の考えを構成し、どこまで自分を表現できるかを試す」ということだったのですが、今は特にそういうことを気にしてはいません。気が軽くなったせいか、今ではほとんどの記事が口語体で書かれています。



むしろ「思ったことを全て書き出す」というのが今現在の方針で、他人に直接に危害が及ばなければ、例え自分に損な内容でも書くことにしています。どちらにせよ読む人のことを考えて書いているブログではないので、つまらない文章も多々あります。つまらないと感じれば読むのをやめてくだされば良いわけです。アフィリエイトをやっているわけでもないので、今のところhit数などには無頓着です。



記事は主に経済学や大学での事、生活で感じた事、社会についての事、読んだ本の事などなど、多岐に渡ります。もし一貫したテーマで読みたいというのならば、ラベルを活用していただければと思います。


以前の記事を読みたいという方は冒頭の旧ブログへのリンクを辿ってください。まだ恐らく消滅はしていないと思います。


それでは、どうぞご勝手にお読みくださいませ。

技術上のお知らせ

皆様へ

今現在僕のブラウザだと問題なく見れていますが、何か問題等ありましたらコメント欄なり、知り合いの方はメールなどしてくれると助かります。

あと、一応サイトにガジェットなどいろいろ付け加える事が出来るので、付けて欲しいものがあればそれも同様に連絡ください。

左上の検索窓では、このブログを検索する事ができます。googleのサイト内検索より質がいいので、どうぞお使いください。

Dear All

If you can't see Japanese article, please notify me by comments or email.

2007/08/30

仮設

msnから脱出する為にとりあえず作っておきました。
過去ログをどうするかはまだ未定ですが、
msnはエクスポートをサポートしていないので全て手作業になります。

全くやらないか、
もしくは一部抜粋してこちらに残しておくという事になるかと思います。


まだここに完全に移るかどうかは未定なので、
暫定という事でよろしくです。


追記:
徹夜して何とかRSSなど一式そろえました。
多分こっちで生きていくと思います。

仕事

一日に二回も更新すると余程の暇人に思われる気もするが、

書きたい事があるなら冷めないうちに書く性分なので致し方ない。




今僕がもし誰かに

「あなたの夢は何ですか?」

と聞かれたら、

「自分の能力を自分の目的にそって最大限使う事」

と答えるかどうかは分からないが、

分かりづらさを別とすればこれで間違っていない。

ありふれた言葉で言えば「仕事による自己実現」だろう。

僕の場合目的の欄には環境や貧困関係の課題解決、

またはアカデミックな興味が入ってくるわけで、

そのために自分がもてる能力を発揮する。

目的が達成されればいいかといわれると微妙な所で、

自分の能力がある程度発揮されているような状態じゃないと

恐らくまた違う仕事を探し出そうとするだろう。

で、

味噌なのは

これが決して職業観について語っているわけではなく、

人生観にちかい感覚で語っている事。

仕事は人生であるといわんばかりだ。




この前友人の実家での話を聞いていたのだが、

彼が言っていたのは

少なくとも僕らの大学やサークルの人たちが持っている職業観は

一般的でないという事だ。

何か自分の夢や希望といったものを職業に求め、

その実現を目指すというのが「ありふれた」職業観。

しかし彼の地元の友人たちは凡そそういうものを持ち合わせていないとかなんとかで、

例えば

「どうしてその仕事を選んだの?」

と聞いたところで生返事が返ってきたりするわけだ。

「なんとなく」

という具合に。

最近マスコミがこぞって使う「格差」

いや、新書のタイトルを使えば「希望格差」なのだろうか?

(正直な所、格差という言葉の響きに嫌気がさしている。

格差という言葉に煙られた本質がどれだけあるのだろうか)





しかしよくよく考えてみると、

年上の人でもそういう

「人生=仕事」職業観

を持っている人はあまりいないように思える。

むしろ僕らのイメージできるのは

団塊の世代の「貧困脱出」エネルギーだったりするわけで、

余程職人気質でない限りはあくまで仕事は収入の為であるわけであり、

その収入は消費の為だったはずだ。




そもそも

職業は第一に収入のためにあっておかしくないわけで、

むしろそちらの方が普通なんじゃないかと思う。

勿論仕事をしだして色々思いにいたり、

職人気質になっていくという事も十分あるが、

普通は

仕事をして家に帰り、家族と夕食を食べ、たまの休みにはレジャーに行く、

そういう消費こそが幸せで、

別にそれはそれで悪くは無いし、

そもそも僕個人が良し悪しを語るべきものじゃない。






最初から仕事=人生と思って

やりがいや目的を求めなくちゃいけない

なんて誰も言っていない・・・いや言っているかもしれないが

それに従う必要はどこにも無いわけで、

むしろ何かしらの能力が無い限り

最初から仕事に夢を持っていくのは結構難しい気がする。

そう考えると、

先ほどの友人の地元の話もそれほど悪くは無いように思えてきた

(もし無計画に仕事を選んだというのなら、それを支持するわけではないが)。




まぁ個人的な考えを言うと、

一日のうち結構な時間を取られる「仕事」だから

やりがいなり使命感なり

そういう類のものを感じていることに越した事は無いと思うわけだけど。






しかし消費を以って目的とし、

そのために働く

というのは今の日本にはあまりマッチしないように思えるのも確か。

実際の所、

若者は何を思って仕事を選んでいるのだろうか?

もしくは仕事をしないことを選んでいるのだろうか?



同じ若者なのに、何も知らない若者がここにいる。

夏の終わり

を思わせるような涼しさですが、

まだまだ暑さは残るようですね。

インドに行ってきたせいか

それとも家に引きこもっているせいか

あまり暑さを感じないのですけど。

(引きこもりで思い出しましたが横浜に行くのは来週水曜にしました。

連絡どうもでした >Iさん)








今日は朝10時に就寝して

16時に起きました。

ひたすらTOEFLのリスニングを聴いていたから無駄な時間を使った気はしないのだけど、

なんだか微妙な気分。

明日16時に就寝して・・・

ってサイクルを繰り返せばそのうち真っ当な生活に戻れるんじゃないか?

というのは冗談だけど。






海に行かない人間だからか

すっかり忘れていましたが、

多分ここ数年

カキ氷というものを食べていない気がしてきました。

イメージ的には海水浴場などで無いと食べないものと思うんですが、

普通どうなんでしょう・・?

昔は良く食べていた気がするんですけどね・・。

どうでもいいですね。







何気なくテレビを見ていたら

モルドバのことについてやっていた。

普段開発経済だ開発経済だといっている割に、

各国事情については明るくない。

ルーマニアの隣か?

とか

旧共産圏だろ

とかくらい。



イメージ的には日本に住んでいると

第三世界が貧困のメッカという感じがするけど、

旧共産圏も忘れてはいけないわけで。

将来的に日本に身近な話題としては北朝鮮の問題とかあるわけで、

そういう方面でも色々調べた方がいいのか?

経済以外でも色々面白そうだしねぇ。

ただその分純粋な経済学的な論文よりは

政治経済学的なものが多そうだけど。

一番多そうなのはドイツの事例だろうなぁ。

(しかし共産圏のある意味一番厄介そうな点は

データの信用度が劣る事かもしれない。

計量経済学者とかどうしているんだろう・・・?

普段あんまりデータの信用度については気にしないことが多そうだけど??)

2007/08/29

シュシュ雑多

変換ミスなのだけどなんか語感がいいのでそのままにしておいた。




さて

気付くとこのブログ、40000HITしていました。

二年とちょっと書き続けていますが、

多分地味にhitの回数は伸びているような感じがします。

二階微分は多分正です。





昨日予想外の出来事で夜中の3時に外出したせいか

それとも堕落しているせいか

またもや昼過ぎに起床。

タガが外れた人間なんてそんなもんですかね。



そのままうちにいるのもいい加減嫌になったので

ナスのスパゲティを食べた後、

東京駅にある丸善

正確に言えばオアゾにある丸善本店に行ってきた。

エスカレーター横のスペースが少々狭いのが難点かなぁ。

全体的に狭さを感じる・・。

しかしあそこの洋書の品揃えは紀伊国屋新宿南店を越えている気がする。

経済学の棚を見ていたら

あのHandbookシリーズがどーんと陳列されていたのには少々驚き。

あんなの店で買う人いないだろうに・・・。

そしてまだ今読んでいるのが終わって無いのにもかかわらず

新たな本を買ってしまった。

それについてはまた今度。






その帰りに

ウチの近くにある喫茶店でコーヒー飲みながら本を読んでいたら

そこにアメリカ人らしき男性と北欧出身ぽい女性が入ってきた。

僕は窓に向かった席に座っていたので、

彼らが座ったテラス席が見える位置だった。

何気なく視線を外に向けると、

その二人は汚れたペーパーバックをそれぞれ読んでいた。

会話一つ無いその間には、

数ある喫茶店のテーブルの中で、

最も静かでゆっくりとした、しかし緊迫した時間が流れているように見えた。

2007/08/28

曇り日の今日

昨日遅くまで後輩とメッセしながら「東アジアの~」を読んでいたせいか、

起きたら1500だった・・・。

まぁ別に読み終えられたから後悔は無いんだけど、

若干ブルー気味。



で、

気分転換にスーパーに行って

ちょっと食べたかった「タコのトマトソーススバゲティ」

を作る為に材料を見回っていたら、

パスタ売り場の種類の豊富さに驚いた。

見た事が無い

(といっても和製のママーとかと青いDE CECCOぐらいしか知らないのだけど)

のが一杯。

ああいう見慣れない商品を見ると気分が高揚するのは性分なようです。

おかげで帰り自転車をこいでいたら、家の前を遥かに通り過ぎてしまいました。

帰りに知り合いに遭遇したので、なんだか気恥ずかしい・・・。

帰って作ったスパゲティもいつもより美味しく感じましたとさ。

ナスも買っておいたので、明日はナスのスパゲティですかねぇ。





読書生活的には

今日から「ドルはどこへ行くのか」(原著:What Drives Global Flows?)

を読み始めます。

これまた翻訳本のほうが安いという逆転現象

(まぁ向こうはハードカバーですが)

が起きているわけですが・・。

あんまりこういうの今まで興味が無かった分、

ちょっと楽しみ。



あぁ、横浜は天気がいい日に行きたいと思います。

夜景が見たいので。

あーでも意外に雨の日の夜景も好きなので、

やっぱ気がむいた日に行きますかね・・・。