2009/01/01

こんにちは、2009年

こんにちは、2009年ですね。

30日の日は、結局新幹線の切符でもと思いお茶の水に向かい、そのままぶらぶらと彷徨い歩いたりしてました。いつも思いますが、あのお茶の水の橋から見る景色は風流でございまして、CDでも買おうと行くと、ついつい足を止めてしまうスポットです。そんなお茶の水も、年末はお店が結構閉まっていたりして、歩いても居酒屋の勧誘の声しか目立つものはありません。そんな所にいてもどうしようもないので、スーパーに行ってビールとウィスキーを割るためのジンジャーエールを買い、うちで飲んでいました。美味しそうな日本酒があったので誰かを呼んで飲もうかと思いましたが、時間も遅く、また大抵近くに住んでいる人はとっくに帰省をしている頃でございます。

大晦日の日は新幹線で実家に移動し、祖母の家で過ごしておりました。一年に一回紅白で、天城越えを聴くのを楽しみにしている人がここにいますが、今年はマーティが出てきて大笑いしてしまいました。どうしても彼が出てくると、タモリ倶楽部の空気になってしまう気がして。あの紅白の審査員席に安齋肇とかがいたらどれだけ場違いな事でしょうか(笑)

紅白はそれ以外特に聴きたいものもなかったので、ひたすら「李陵」を読んでいました。高校の漢文にしてもそうですが、どうも中国の話は政治や国家が絡んだものが多い気がしてなりません。まぁそういうものが残されているからといえばそれまでですが、やれ忠だの信義だのといわれると、国とは一体何なのだろう、と素朴な疑問を持たされることになります。僕は如何せん、ああいう人生はちょっとごめんですね。

帰宅後はBSフジで東京事変のSpa&Treatmentを少しだけみて就寝しました。寝る直前に透明人間なんかを聞いたせいか、それともベッドが合わないせいか、理由はともかく寝つきが悪く、苦しむことゆうに二時間以上。これは幸先が悪い・・・。

まぁそんな感じで2009年の一日目を迎えているわけですが、今年は色々とやろうかなと思っています。守りに入るほど、守るべきものはそれほどないですしね。若者は攻めてなんぼでございます。皆様もめいめい良き2009年を送ってくださること、そして会った時に色々と話を聞かせてもらう事を期待しております。少々ぶっきらぼうかもしれませんが、これが僕がしっくりくる「今年も皆様にとって良い年でありますように」的な挨拶でしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿