2009/01/31

手を差し延べ

今日は朝早くにあったミーティングに出るのを諦め、二度寝をしていた。3時間4時間くらいしか寝ていないと行っても寝るだけだと言い訳して、惰眠を貪っていたというわけだ。こういう時の寝起きはすこぶる気分が悪い。

昼からはマクロをやっていた。夕方図書館に本を借りに大学に行くと友人に鉢合わせて、しばし歓談。しかし僕は来年度以降何をするか全く決まっていないな、と今更ながら実感。研究内容だってほぼ白紙だし、どうなるかもまったくもって未知数。まぁそれも愉快。


いい加減こういうパターンも飽き飽きだが、好きなものは好きと叫びたくなる性分なのでまたそういう事を書くと、「地元の朝」という歌が割と好きだ。あのしみったれた感じはクセになる。

「人生なんて人情盗坊
助けを乞うて人助け
助けたつもりが裏切りの果敢ないサガ」


「人間なんて人情ドロボウ
二親に捧げられし愛を
一体どうやって返そうか?返そうか?」


「立派な大人になりたいな 立派な大人になりたいな
体の全て使い尽くして死にたい」


実家に帰るのが憚られるようには生きたくないな。

0 件のコメント:

コメントを投稿