2009/03/09

Ho Chi Minh City 3 - Hue 1

そういえば書くのを忘れていたが、ホーチミンの銀座はドンコイ通りというところで、ホテルもこの近くにあった。通りには欧米のブランドショップが並んではいるが、まだそれがホーチミンの町並みにしっくりこないように見えた。一体どんな人がここに買い物に来るのだろう。

フエに向かう飛行機は昼過ぎなので、空いた午前中の時間を使ってなぜか動物園に行った。途上国の動物園ということで、あまり期待はしていなかったが、意外と(失礼)しっかりしていて驚いた。朝7時から開いているというのも驚きだったが。いったい誰が朝7時から動物園に来るのだろう。

動物園にも町中にも割と沢山このペンギン君がごみ箱として鎮座していて、ごみを入れるのは勿論、ごみを回収する際の事を妄想すると結構シュールな絵になるなぁ、なんて話を連れとしていた。

ホテルに戻ってタクシーにて空港へ。フエまでのフライトは西洋人の観光客が多かった。

フエはグエン朝の王宮で有名な古都だ。僕らもホテルに到着後徒歩にて王宮へ。しかしその王宮、修復中の部分が多々あり、広大な敷地に古の王朝の残骸がぽつりぽつり。しかも最近作ったとみられる、ちょいちょいあるモニュメントのクオリティが微妙過ぎて、なんだか笑えてしまった。中国文化の影響が色濃く残るせいか、馴染みのある建物で、そういう意味では西洋人の方が楽しめるスポットかもしれない。

国破山河在・・・。


連れと世間話をしつつ、ひとしきり歩いた後近くの店で食事をした。観光客用の店だからだろうか、かなり味は穏やか。フエの料理はもっと辛いと思っていたので肩透かしを食らった格好だ。フエ名物のパンケーキ的な何かをいただいたりしておなかも一杯になったので、夜のホン川を散歩して帰った。


赤みがかった空が印象的だった、そんなフエの夜。次の日はドラゴンボートでホン川下りをして、寝台列車にてハノイに向かう事になっている。なんだかえらく慌ただしい旅だが、それもまた一興。

0 件のコメント:

コメントを投稿