2009/04/20

家事な月曜日

今日は色々家事をしていた。そろそろ自炊を再開しようと思ったので、しばらく使っていなかった台所回りを掃除し、色々と料理道具や調味料をそろえに買い物に行き、とりあえず鶏肉料理とふきの酢味噌を作ってみた。久々で色々忘れていたけども、まぁ食べられるものにはなった。チマチマとふきの皮をむき、味噌にみりんと砂糖を入れて酢で伸ばしたのだが、色々と思いだした。

というのも、筍とふきの酢味噌は僕のいわゆる「おふくろの味」に近いものがあって、幼少期、特に好きだった料理だったのだ。実際は母親だけではなく、祖母も一緒に料理をしていたので、「おふくろの味」と言うと若干間違いがありそうだが、まぁそこはどうでもいい。山椒の葉が入っていないとゴネたらしく、母親が「シブいねぇ、おたくまったくシブいぜ」と言ったとか言わなかったとか。確かにそんな幼稚園児はちょっとアブノーマルだ。

そんなわけで、あの味を思い出しつつ調味料を配合した。こうして「おふくろの味(仮)」は無事継承されたのであった。めでたしめでたし。残念だったのは山椒の葉がなかったことで、スーパーには見当たらなかった。いったいどこで買っていたのだろう。


食事をした後は大学に行き論文を読みつつネタを考えたり。何か面白い事がないかなぁと考えている、と言うとまるで芸人みたいだが、その「ネタ」ではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿