2009/05/04

食事は大事

最近近くのコンビニがGinger Chewsを置くようになって、これが病みつきだ。生姜中毒の僕のために置いているといっても過言ではないほどピタリな選択が憎い。ウィルキンソンジンジャーエールに勝るとも劣らない刺激を提供してくれる。難点は若干高いこと。

今日はタコ部屋や講堂前のベンチで論文を読んだりしていた。夕方にはスーパーに行って食材購入。ほうれん草を買おうと思ったら、セロハンに「プロリン」と書いてあるのに気がついた。いくらウェーバー好きの日本人とはいえ、ほうれん草までその波が来るとは恐ろしきことだ。

ほうれん草を買ったのは、「青菜炒め」を食べるためだ。小さい頃近くにあった中華料理屋にあったメニューで、僕はこの定食が好きだった。豚肉とほうれん草(でなかったかもしれないが、まぁそんなような菜っ葉だ)の炒め物で、トウガラシが入っていたのを覚えているが、作り方は知らない。うろ覚えの味を頼りに作ってみたが、これが意外と再現率が高かった。ニンニクと唐辛子を軽く炒めた油の中に豚肉とほうれん草を投下し、塩こしょうを加えて炒め、最後に鶏がらスープを軽く浸るくらいに加えて加熱して完成。ぶっちゃけスープを入れるタイミングとかはたぶん適当でいいが、簡単な割においしくて、ご飯が進む一品。今日はこれに舞茸の味噌汁と納豆という豪華な夕食だった。ビバ自炊。

食べ物の話で思い出したのでついでにしてしまおう。砂糖の話だ。砂糖は放っておくと固まってしまうので、卓上用としてはスティック状のものか、ポットのような入れ物に入れてスプーンで入れるのが普通だが、仮に固まらない砂糖を開発して塩のように小さい入れ物から好きなだけ「パッパッ」と振りかけられるようになったらバカ売れするんじゃなかろうか。紅茶やコーヒーを飲む時に少しだけ砂糖を入れたい事があるのだが、スティックだとその際結構不便だ。結局スティックを折って保存することになるのだが、なんだかそれも面倒。入れ物を買ってスプーンを用意するのはもっと面倒だ。・・・仮にこれを見て開発して、バカ売れした人がいたら少しだけ分け前ください。実際の商品ひとつとかでも良いので(笑)

2 件のコメント:

  1. グレープフルーツなど柑橘系の果物の皮を小さく切って容器に入れておくと割と固まりませんよ。お試しあれ。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。

    それが本当なら固まらない砂糖の開発も出来そうなものですね・・・
    とりあえずそのうち試してみるとします。

    返信削除