2009/05/16

貸出禁止

金曜日はなんだかあっという間に過ぎ、気がついたら土曜日だった。夢でも見ていたのか、魔法でもかけられたか、まぁそんな感じで今に至る。

とある本を借りようと思い大学の蔵書検索をしたら、法学部の図書館にあるということが判明した。しかし他学部や他研究科の学生には貸し出しを行っていないとのたまふ。こういうところが法学部は気に食わない。教養学部にもあるらしいが、借りに行くのは面倒だし、こちらは貸し出しはしているが二週間しか貸してくれない。うーん、どうしようか。

なんだか毎日似たようなことばかり書いているが、それはしょうがない。なぜなら似たような毎日を過ごしているからだ。

2 件のコメント:

  1. あれは図書館とは認めないなー(笑)
    政治学色の強い本は総合図書館になかったら諦めて買ってます…経済図書館は入荷してくれないし総図は入荷するまでものすごく時間がかかる。

    返信削除
  2. Robert WilliamsのThe Politics of Corruptionシリーズなんですが、かなり高価な本(2万程度)なので、買う気はさらさらなかったのですが・・・。やれやれですね。

    でもShleifer&VishnyのGrabbing Handは逆に経済学部にしかないというよくわからない状況です。うーん、経済学部の政治学オンチか法学部の経済学オンチかは謎ですね。そしてこういう時に限って社研の図書館は工事中(笑)

    返信削除