2009/07/09

文化交流(仮)

今日はなんだか中国からの留学生の子と日本のキャラクター文化の話になった。彼女は一冊の本を持っていて、それは日本に住んでいた中国の人が書いた雑誌なのだが、日本のあちらこちらにあふれるキャラクターをとにかくまとめた雑誌だった。

言われてみるまで気がつかなかったが、日本の商品にはいろいろとキャラクターがあふれているように思える。カールおじさんや出前坊やなど食品にも色々付いているし、NOVAウサギなど学習塾につくことだってある。諸外国に比べてどうかは良く分からないが、キャラクターがつくのは子供用のものだけに限ることが多いのじゃなかろうか。日本はキャラクター大国なのかもしれない。

中国のアニメ事情も色々と聞いたのだが、一番人気があるのは聖闘士星矢らしい。ほへーという感じだ。ちなみにエヴァは知らなかった。日本製のアニメでも人気があるのとそうでないのは本国は微妙な差異があるだろうし、キャプテン翼のイタリアでのエピソード(イタリアで人気のあるポジションであるキーパーのキャラクターにもフォーカスがあてられている)を聞くとそういう類のローカライゼーションもある。文化の伝播とは面白いものだ・・・。

彼女もアニメ好きらしいが、日本にわざわざ来るような人はえてして日本アニメ好きなので、日本人以上に日本のアニメのことを知っていることがたまにある。彼らにしてみれば僕らはネイティブなので興味シンシンでいろいろ聞いてくるのだが、残念ながら期待に添えないことが多々。日本人が全員アニメおたくではないし、ブラジル人が全員サッカー好きではないということなのだろう。

えにうぇい、外国の人が日本をどう見るかは非常に興味深い、そう再確認した一日だった。まぁ僕だって渋谷とかに降り立てば、なんとなく外国にきた気分というか、訳が分からない世界が広がっているなぁと目を丸くすることもしばしばなので、外国人からすればなおさらなのだろうだけども、そんな彼らのみずみずしい驚きを知りたいと思うのは何も「外の目ばかりを気にする」という話ではなく、単純に好奇心からのものだと思うのだった。

2 件のコメント:

  1. 名乗らなくてもわかるから省略2009年7月9日 20:42

    なんで俺を呼ばない!

    返信削除
  2. 省略した方が名前長くなってるじゃないですか・・・

    高度な政治判断です(笑)

    返信削除