2009/07/15

生活ある身の儚さよ

うーん、研究者というのは自由な職業だと思っているけども、それはやはりあくまで比較的ということで、現実的には色々夢がない部分もたくさんある。まぁ結局はどんな仕事でも、いわゆる天才以外は我慢をする期間があって、いわゆる一人前になってからがやりたいことが出来るようになったりするということなのかもしれない。勿論人によっては見え方や捉え方は違うかもしれないけども、僕にとってはそういうことのような気がしている。それでもかなり恵まれているほうなのだから、ちょっとくらい我慢をしないと。

しかし修士になってからというもの、生活スタイルはそれまでと比べて結構変わっていて、昔は一体どうやって日々過ごしていたのかなぁなんてふと思ったりする。基本的にはいつだって「今が一番いい」と思っているタイプの人間なので、逆にいえばもう昔には戻れない。意外と香車型なのかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿