2009/07/16

寝耳にウォーター

頭痛がひどくて昨日はほとんど何もできなかった。きっと冷房病に違いない。毎年この頭痛や倦怠感に悩まされてきて、冷房病とはあまり気がつかなかったが、これはほぼ決まりだ。今年から気をつけよう。

今日は朝方水道局の人が家に来て、いきなり「水漏れです」と。これが正真正銘の寝耳にウォーター。水道工事屋に電話しようと思うが、イマイチどこに電話したらいいのかよく分からず、工事代金の相場も分からないのでとりあえずネットで調べようとする。そこで頭に浮かんだのが「くらーしあんしんくらーしあん」だった・・・。CMの効果はやはりあるようだ。

結局工事代金は管理会社が持ってくれたので、二万円は払わずに済んだが、修理に意外と時間がかかって終わったら夕方だった。そのもろもろ作業したり読書をしたりしたら、夜になった。一日は長いようで短い。

最近またちょいと研究テーマ探しと基礎固めを再開しているのだけども、なんだか経済学の論文だけをあたるのではなくて、もっと普通のというか、簡単にいえば現地の政府やNGOなり国際機関なり、そういうもうちょっと現場に近い人たちがどういう困難に直面しているのか、そういうところも当たった方がいいような気がする今日この頃。中々アンテナの張り方が難しいなぁ。でも将来的にはそういう人たちと一緒に仕事がしたい。

今週号のThe Economistはえらく経済学の記事が多い。メモ代わりに並べておこう。
Microcredit may not work wonders but it does help the entrepreneurial poor
The economics of Free
The state of economics
What went wrong with economics
マイクロファイナンスの記事はちゃんと読んだらコメントするかも。

今日はあまり作業できないので、なんだか無駄にやる気が満々の今のうちに論文を読んでおこうと思う。一日一本は読めと言われるらしいが、とりあえずzoteroにたまっているのは短い記事を含めて大体一日一アイテムのようなので、もう少し頑張らなければならないようだ。やれやれ。

0 件のコメント:

コメントを投稿