2009/08/04

偉い人

昔ラッキーマンという漫画があって、会長マンというキャラクターがいたのだけども、その顔が「目がエ、鼻がラ、口がイ」という凄まじく下らないデザインだったのを覚えている。ラッキーマンはそういう下らなさではダントツだった気がするなぁ。ラッキークッキー矢代亜紀って・・・。平和な下らなさ。

クロスカントリーの回帰分析を見ていると良く思うのだけども、いい操作変数が見つかれば(うまく内生性をコントロールできれば)色々とおもしろいのだけれども、なかなかそんなものは見つからないという側面もあり、じゃあランダマイゼーションできるかというとそういう類のものじゃないし、ナチュラルエクスペリメントが国を超えたレベルで起こるってのは考えづらいしというなんともいえない状況。クロスカントリーレベルでしか分析できないような事情(=理論やトピックの特性、データの整備具合)があると、途端になんだかなぁとなってしまうのはどうしようもないのだろうか・・・。そう考えると、色々とデータ整備してる人たちは偉いなぁ。

とまぁ良く分からない話はこのあたりにしておいて、そろそろ準備を始めよう。こういう旅の準備というのはだんだん慣れてくると適当になってきて、うっかり忘れものをしてしまいそうなのが怖い。慣れのメリットと油断のデメリットはどちらが大きいのだろうか・・・。


それとなくほのめかしてはいたけども、6日から約三週間の予定でアフリカで調査のお手伝い。僕のやりたいことに限りなく近い性質のプロジェクトなので、なんとも頑張ってきたいところ。向こうはネットがあるか不明なので、更新は一時凍結するかも。帰れたらまた更新は再開するけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿