2009/08/12

海の向こうへ

とりあえず生きていますよ、と。

最貧国の一つに訳あって来ているのだけども、大学の教室をのぞいたら「ハロッド中立的技術進歩」の板書がしてあったり、スーパーに行くとマンキューとバリアンの入門教科書が置いてあったり、この国では経済学はエリートの中では結構な人気があるようで。

色々刺激的な毎日だけども、途上国で働くいろんな日本人の人と会えるのは中々ありがたい所です。なんというか、今まで噂話にしか聞かなかったような人達に実際に会って話を聞くわけで、急に現実感が増すわけです。それが政府機関であろうが、もっと民間ベースであろうが、大変なお仕事だなぁと。

後二週間くらいしたら帰れると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿