2009/11/01

サルでもわかる

ちょっとばかり構造推定をかじり出した今日。誘導系と構造推定両方に詳しい方が、使い分けや融合も出来て嬉しい気がするので、せめて論文を読んで理解できるくらいにはなりたいと思うが、論文を生産するのにかかる時間が異常らしいので、自分でやるかは微妙。せめて「サルでもわかる!構造推定」じゃないが、基本的なことをfortranのコード付きで解説してくれる本でもあればいいのにな。しかしさっきからWolpinの論文を読んでいるのだが、効用関数を書くのに2ページ使ってて吹いた(笑)

なんだか今日は特に書くことがないので、この辺りで。今週は火曜日が休みだね!

2 件のコメント:

  1. 世の中にはintroductionとかreviewを書くのが好きな人がいて、ある程度成熟した分野では探せば割とそういうものが見つかる気がする(逆に、これはまだあんまりやられてねーだろと思ったのにけっこうな長さのreviewが書かれていたりすると残念な気持ちになります)。

    返信削除
  2. まぁね。
    あとは海外の大学院だとシラバスが公開されていることが多いから、それが有用だよね。

    返信削除