2009/11/15

長瀞

久しぶりに遠出をしようと思い、紅葉とライン下りを目当てに長瀞まで行ってきた。西武池袋駅から秩父まで行き、そこから秩父鉄道で20分、計2時間くらいで長瀞駅に到着。早速ライン下りへ。

ちょうど紅葉のシーズンで人が多く、30分ちょっと待って乗った。ドンブラコドンブラコ、と舟は川を下る。意外と流れが速く、水しぶきが飛んできたりもした。川の風は気持ちがよく、いい道楽である。

From Nagatoro

From Nagatoro

近くのソバ屋でとろろそばとカジカ酒を頂き、宝登山ロープウェーにて山を上り展望を楽しんだのちに、歩いて山を下って宝登山神社へ。本堂は改修中だったので、隣にある臨時の棲みかでお参り。
From Nagatoro

夜は「月の石もみじ公園」で紅葉のライトアップをしていたので、そこまでテクテク。地元の人も割といる印象で、観光地と言うよりはもっとローカルな香りがしていた。周りは街灯も無いような道路ばかりだからかな。
From Nagatoro

そのまま西武秩父駅の周りで食事をして帰ろうと思ったが、どうも店が閉まっていたりパッとしないので、結局池袋まで戻って食事をして帰った。18時過ぎで既に閑散としている駅前仲見世通りってのはいかがなものだろうか、と思ったが、まぁ宿泊客(=宿で食事)も多いのだろうからその辺りはいたしかたない。


一日日帰り旅行をするのにはいいところです、長瀞。スポットがそれほどあるわけでもないので、消化不良にならないのも良い所。年輩の方ばかりで若い人はあまりいないけど、それが高齢化社会ニッポンのせいなのか、長瀞のせいなのかは良く分からない。あぁ、でもタイ人の若い男性二人(多分相当金持ち)と、インド人4人家族、一人旅の欧米系の外国人二名と、結構外国人もいてびっくりした。長瀞なんてどこで知るんだろうか。


p.s.
不思議な光景:
From Nagatoro

鉄板がすべりやすい・・・?それは気をつけないと。


追記:
朝早く起きる必要があるときに限って、寝つきが悪い。非常に寝つきが悪い。今日だって遅くても7時に起きる必要があったのに、布団に入ったのが2時で寝れたのが多分3時半過ぎだ。別に翌日の事を考えて寝れない訳ではなく(いわゆる遠足の前の晩効果)、おもむろに色々アイディア出しをしたり最近勉強したことをまとめたりしてしまうのだ。何故布団の中でするのかはよく分からないが、一番リラックスしているからこそ色々考えたくなるのかもしれない。

どうすれば、自然に眠りに入れるのでしょうか。羊でも数えればいいんでしょうか。昨晩羊を数えていたら、数えるたびに羊が一斉にしたり顔で「メェェェ」と鳴くようになってしまって、笑ってしまって寝れませんでした。今度は神父さんにならって、素数でも数えてみましょうかね・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿