2009/12/30

視界不良

生活が安定し、閉じつつあるのかなぁと思う昨今。しかしそのような生活は腐敗してしまうのも世の常人の常、よってじわじわと広げていかないといけない。中心が定まったのが幸い。


まずは目の前の世界から広げようということで、タコ部屋の机を整理した。論文の類を処分したり、図書館に返したり。書類は出来る限りデータで管理することにしたので、だいぶすっきりとした。おかげでパソコンの両脇にあった書物のツインタワーが、江戸の長屋程度の存在感になり、視界が開けた。・・・別にどうってことはないなぁ。



明日新幹線で帰ろうと思い、まぁもう空席はないだろうなぁと調べてみたら案の定指定は満席。まぁ東京からだから待てば座れるんだけど。


しかし新幹線のチケットくらい、ネットやケータイで買えるといいのになぁ。そしたら券売機に並ばなくて良いし。EX予約とかあるみたいだけど、年間費払って専用のクレジットカードを買わなければいけないとは、これ如何に・・・。ちょっと不便で遅れている感じが否めない。なんで専用のカードを作らせたがるんだろうか。年会費収入なんて大したこと無かろうに。詳しい人教えてください。


0532追記
なんか良く分からないところを計算してたらこんな時間になってしまった。うーん、1100に東京駅で待ち合わせなんだけども、起きられるかなぁ。

4 件のコメント:

  1. 起きれましたか?w
    専用カード作らせるのは、他社カードの手数料が嫌だからだと思うんだけど、年会費取るのは何でだろうね。たぶん大した額じゃないんだろうし、より多くの人に専用カード使ってもらった方が良い気がするけど・・・

    返信削除
  2. 逆に航空会社だと専用のカードなんて聞いたことが無いから、この二業種のコストの構造には何か違いがあるはず。もしくは、独占の問題とかが絡んでいるのかもしれない、なんて。

    ・・・結局寝ずに東京駅に向かいましたとさ(笑)

    返信削除
  3. つ「えきねっと」
    普通に会員登録のみで予約できるよ!
    前日とか当日にしつこく調べると案外キャンセルが出て予約できたりするから、かなり重宝してる。

    航空会社のカードについては詳しくないけど、たとえばJALカードなんかは年会費かかるし、そこはどこも一緒では?

    違いは、JRの場合は民営化の際に独禁法の絡みやら何やらで細かく分社化されてるから、予約システムも分断されてわかりづらいことだと予想。
    EX予約はJR西日本とJR東海が運営してる、カード会員向けのVIPな予約サイトなんだよね。
    一方JR東日本のサイトは「えきねっと」、JR西日本の非カード会員向けサイトは「e5489plus」。

    ちなみにどれを通じて予約したかによって、受け取れる駅も違うってのが曲者。
    俺は広島→東京の切符をJR東日本のサイト(えきねっと)で予約してしまい、広島で受け取ろうとしたら「ここはJR西日本の駅だからだめだ」と断られて泣いた記憶が…。
    たしかによく見たら注意を喚起してたんだけど、まさかこんなことがあるとは思わなくて全部スルーしてた。ほんと何とかして欲しいわw
    えきねっとで予約した切符はJR東海エリアでも受け取れないから気をつけてね!

    返信削除
  4. >航空会社のカードについては詳しくないけど、たとえばJALカードなんかは年会費かかるし、そこはどこも一緒では?

    別に専用じゃない普通のカードでも購入自体は出来ますよね。JALカードはマイレージ機能付きなんじゃないでしょうか。


    えきねっとはてっきり企画物の販売のみだと思ってましたが、新幹線指定席も買えるんですね。東京から名古屋に帰るときは重宝しそうです。しかし逆だと名古屋では受け取れないとは、JR東海を恨むしかない(笑)

    >JRの場合は民営化の際に独禁法の絡みやら何やらで細かく分社化されてる
    多分ポイントの一つはこれでしょうね。地域的に分断するってのは産業組織論的にどういう風にモデル化されてどういうインプリケーションがあるのか気になるところです。

    返信削除