2009/04/30

ウダウダ

ポリエコは色々と良く分からない。やれ「~~選択理論」だとか色んな名前があって、結局各々がどういうアプローチでどういう事象を扱っているのか簡便にまとめてくれと言いたくなる。多分そんなまとめが作れないほどに雑多なのだろう。初学者には不便だ。

不便で思い出したが、トップジャーナルとかに載っている論文ってあまりモデルの説明を図解でしたりしてくれない気がする。たとえばdecisionや情報伝達のタイミングとかは一本直線引いてくれればパッと見で分かるのに、グダグダと英語を読まなきゃいけない。僕が怠惰なせいか、そんな単純に図で説明が出来ないのか、それとも品格のためかはよく分からないが、まぁ結構読むのが面倒なことが多い。


今日は唯一の講義が休講だったので、宿題を解いたりしてした。うーん、4月に入ってからずっとこんな感じだなぁ。院生としてはあるべき姿のような気もするが。

「昇れる太陽」はもうかなりループしてしまった。シングルで出ていないところだと、今のところは「ハナウタ」「おかみさん」「ネバーエンディングストーリー」あたりが好きかな。

こうして365日の色を集めて
「これはオレからの贈り物だよ」っていえたら
いろんな季節彩ってゆくふたりの時間を
そう ハナウタと名づけよう

最近こういう感じの歌詞が多い気がするのは気のせいだろうか。いや、これはこれで良いのだし、本人が書きたい事を真摯に書いてくれればそれが良いのだ。僕が好きな理由は恐らく何よりもその真摯さにあるのだから。

1958追記:
The Logic of Collective Action – Public Goods and the Theory of Groups (Paper Only) (Harvard Economic Studies)The Logic of Collective Action – Public Goods and the Theory of Groups (Paper Only) (Harvard Economic Studies)
M Olson

Harvard University Press 1974-07-01
売り上げランキング : 15829

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容はいざ知らず、表紙がイカしてると思うのは僕だけだろうか。どこか古風な推理小説をイメージさせる。

2009/04/29

Spring has come.

若干寝不足気味だけども、とてもいい気分で朝を迎えた今日。起きた後は大学に行って論文読んだり勉強会したり。夕方からは出かける予定を作っていたが、それが急遽キャンセルになったので家にとりあえず戻ってきた。すると明日届くはずのニューアルバムが届いてたので、早速聴いた。納豆ご飯と味噌汁という質素な夕食と共に。

あぁ、音楽といえば、昨日たまたまこんな曲を聴いた。今さらだが、「春よ、来い」だ。

涙が出る曲というのは、こういう曲らしい。

2009/04/28

一日遅れ

明日いよいよニューアルバム、ということなのだけども、どうやらアマゾン君はプライム会員に対してもメール便で送ってくるようで、発売日当日にCDを届けてくれる気がないようだ。これはサービスとしていかがなものかと思うので、いつかクレームを出そうと思う。発売日になってクリック→お急ぎ便の方が、予約している人より早く届くかも、なんていうのはちょっと解せないじゃあないか。いつもお世話になっているアマゾン君だが、言うべきことは言わないと。

昇れる太陽(初回限定盤)(DVD付)昇れる太陽(初回限定盤)(DVD付)
エレファントカシマシ

ユニバーサル・シグマ 2009-04-29
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

しかしこのジャケットもいまいちしっくりこない。この人は眼が良いというのに。

そういうわけで、若干げんなり気味の今日は論文を読んだり宿題を解いたりしていた。何だか目と頭が疲れる。もうちょっと頑張って、さっさと休もう。

前言っていた良い論文とは、Shleifer and Vishny (1993) QJE の "Corruption"という論文で、ものすごく初歩的なモデルで汚職の色々を説明するというやつだ。僕自身汚職に関しては無知だったので、with theft or without theftの話は興味深かった。

2009/04/27

肌寒い月曜日

今日は大学に行って講義に出て、論文を読んで一旦買い物と食事をしに帰ってきた。風が冷たい事以外は、よくある平日。面白い論文だったので、今度いつか紹介しよう。

旅行の写真をあげてみた。クリックすれば自然とアルバムに飛んで色々見れるはず。うまく見れなかったら誰か教えてください。

一枚目みたいな写真の雰囲気が割と好きだ。

しかし星の王子さまミュージアムはなかなか充実していたが、サン=テグジュペリの記念館みたいなものは本国フランスにあるんだろうか。あまり聞いたことがないが。

全体的に箱根のクオリティーを思い知った旅だった。まだまだ見るところはたくさんありそうだ。

2009/04/26

あらし

金曜日の夕方に久しぶりに駒場に行ったのだが、まだ4月だからか大学に人があふれていて少々焦った。こちらに来てからというもの、あのような人だかりを見たことがない。

駒場では後輩に偉そうに旅の報告をした。自分で写真を選んで持って行ったのだが、どうも教育的に良い写真を持っていかずに好きな写真を持って行ったせいで、報告がうまくいかなかった気がする。振り返るとアホとしか思えない。

報告会後はこれまた久しぶりの某ラーメン店で海鮮ラーメンを平らげてから、ゼミの方の新歓コンパへ。後輩らは勿論、なんだかすごく久しぶりな先輩たちにも会えたり、四月から会社で働いている同期に会えたりで、なかなか楽しかった。ゼミの飲み会は前みたいには顔を出せないとは思うけど、まぁたまには皆を誘って荒らしに行こうと思う次第。

休日は小旅行をしていた。詳細は面倒なのでいずれ写真を以て代替しようかと思っている。

明日からまた一週間がはじまる。

2009/04/23

今日は色々雑用をして、講義を受け、勉強会をした後、本を読んで家に帰ってきた。夕食を作るためだ。豚肉が買ってあったのと、えのき、それにこの前もらった「ストローがぶっ刺さったジャガイモ」をつかって炒めものをつくった。後はみそ汁に納豆。ギリギリ一汁二菜。

その後再び大学に行き、本を読んだり同期と話をしたり。しかしうちの大学にちらほらいるデキる人の理論系の人のマインドというのは中々興味深い。あのとことんな探究心は学ぶところがあるなぁと思うわけで、僕は猫のようにあっちの縁側、こっちの縁側とうろついていてばかりなので、そろそろちゃんと居着かないとなぁ、と思ってはいるのだが、どうも餌だけもらって何もせずにそこから次の家へと出ていくことが多い。これでは何も生み出せない。いい加減猫はやめねば、そうでなければくそったれになるしかない。いや、今でも十分くそったれか。ずっとそう言ってきて、まだ猫気分なのだから。

まぁそういう事で、学部の四年間が終わって、大学院に来たわけで、いろいろな意味で居着いたり、落ち着いたりする頃合いだな、と思っているわけで。思えば色々フラフラだったけども、そろそろ碇を下ろさなきゃいけないなと。

武道館の模様が少しだがアップされていた。まだ二週間前の事か。

2009/04/22

一日三杯

なんだか最近寝起きが非常に悪い。今日も配達のおじさんに朝八時ごろ起こされたのに、そのまま動けず再びベッドにイン。起きたら昼近かった。

そんな今日は論文を読んだり、雑用をこなしたり、英語のデモレッスンを受けていたりした。久しぶりに英語を使うと、頭とか舌とかが結構疲れてしまう。もうちょっとゆっくり話すようにしないと、いろいろ追いつけないし伝わらない。

そうそう、今日の朝のおじさんは僕にマグカップを運んできてくれたのだった。そのマグを持って大学に行き、さっそく茶を飲んでいる。今日は三杯も飲んでしまった。潤いのないタコ部屋に、と言っては失礼かもしれないが、少しばかり香りが漂う。

あぁ、タコ部屋の皆とはそれなりに仲良くやっているつもりだ。馴染みの顔とは会えば適当に話すくらいには付き合いはあるし、食事だって行ったりもする。



夕方講堂の前を通ったら、ゼミの友人とばったり会ったのでしばし話していた。彼はようやく内定をもらえたらしく、だいぶこの前よりスッキリとした面持ちだった。適当に将来の話などをして別れた。僕が学生じゃなくなる頃には、彼はどこでどんな仕事をしているのだろう。


明日も今日のような一日で、金曜日は夕方駒場に行って先輩面をしてくる予定。

2009/04/21

一コマ

今日は朝から講義。しかし昨日の疲れからかいまいち体が動かず、二限は院生部屋で寝ていた。今学期初めてだ、こんなのは。あとは同期とちょっとしたアイディアの話をしたり、また講義に出たり、雑用をこなしたり。

その後、雨の中トボトボと買い物に行き、セールをしていたブリの切り身を買ってきて塩焼きにして食べた。一切れ150円也。昨日下ごしらえしておいたふき、それと筍、はんぺんと葱で酢味噌にしたので、それも付け合わせに。吸い物もさくっと作り、目指せ一汁三菜の勢い。おまけに忘れかけていたお土産のCAVAもあけたので、なにやらえらく豪勢な食事になってしまった。明日以降はもっと質素に行こう。

今日は特になにがあったというわけではないが、実に良い日常の一コマのような日だった。明日も一日頑張ろう。…最近それしか言っていない気がするが。

2009/04/20

家事な月曜日

今日は色々家事をしていた。そろそろ自炊を再開しようと思ったので、しばらく使っていなかった台所回りを掃除し、色々と料理道具や調味料をそろえに買い物に行き、とりあえず鶏肉料理とふきの酢味噌を作ってみた。久々で色々忘れていたけども、まぁ食べられるものにはなった。チマチマとふきの皮をむき、味噌にみりんと砂糖を入れて酢で伸ばしたのだが、色々と思いだした。

というのも、筍とふきの酢味噌は僕のいわゆる「おふくろの味」に近いものがあって、幼少期、特に好きだった料理だったのだ。実際は母親だけではなく、祖母も一緒に料理をしていたので、「おふくろの味」と言うと若干間違いがありそうだが、まぁそこはどうでもいい。山椒の葉が入っていないとゴネたらしく、母親が「シブいねぇ、おたくまったくシブいぜ」と言ったとか言わなかったとか。確かにそんな幼稚園児はちょっとアブノーマルだ。

そんなわけで、あの味を思い出しつつ調味料を配合した。こうして「おふくろの味(仮)」は無事継承されたのであった。めでたしめでたし。残念だったのは山椒の葉がなかったことで、スーパーには見当たらなかった。いったいどこで買っていたのだろう。


食事をした後は大学に行き論文を読みつつネタを考えたり。何か面白い事がないかなぁと考えている、と言うとまるで芸人みたいだが、その「ネタ」ではない。

2009/04/19

陰鬱な日曜日

今日は大学にずっといたのだが、どうも色々と悶々してあまり効率が良くなかった。どうせなら今日はカメラ片手に散歩でもすれば良かったと思うくらいだ。まったく、昼間から頑張っているおてんとさまに失礼な一日を過ごしてしまった。やれやれ、昨日あれだけ遊んでおいて、何をやっているのだろう。

そんな精神状態とは至って裏腹、体の調子は上向いている。あちらが立てばこちらが立たず、とはまさにこの事。なかなかうまくはいかないものらしい。これではいかん。しかし割かし単純な事で気分は上向くもので、そういうコツを知っているとある程度は管理できるって寸法だ。少なくとも体調よりは管理は楽だ。

しかしせっかくカメラを持っているのに出かけないのは勿体ない。出かけるときはなるべく持って出かけているが、そもそもあまり出かけられない。動画も撮ってみたいのに。

なにはともあれ、エネルギーを注入した上で月曜を迎えられそうなので、明日は気合い入れなおしていこう。

色々な土曜日

昨日は朝方髪を切り、昼までは大学で論文を読んだりしていた。昼過ぎごろから相棒と渋谷に出かけ、まずはデザインの力 たばこにみる日本デザイン史を「たばこと塩の博物館」に見に行った。たばこは吸ったことはないし、たぶんこれからも吸うことはないのだが(煙が大の苦手だ)、タバコのパッケージ(たとえばキャメル)には結構好きな物が多い。そんな僕にはワクワクな展覧会で、思わず書籍も買ってしまった。

ポケットの中のデザイン史 日本のたばこデザインポケットの中のデザイン史 日本のたばこデザイン

美術出版社 2009-04-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

展覧会に行けない人はこれで代用していいと思う。ほとんど内容は同じだからだ。

日本のプロダクトデザインの歴史がたばこを通して見れるし、個人的にはいきなり直線を使いだす戦中期あたりのポスターから、バウハウス系の影響が垣間見えたり、今までは区別がつかなかったいろんなブランドの違いがわかったりして楽しかった。相棒も言っていたが思いのほか充実した内容で、ちょうど展覧会の開催初めの日で運が良かった。


髪を切っていた時に店の兄ちゃんに聞いたので、その後浅田家の展覧会を見にパルコへ。
浅田家浅田家
浅田 政志

赤々舎 2008-07-25
売り上げランキング : 13668
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この写真は結構面白かった。ここまでくると記念写真も極限に達したか、という気分になる。普段人の注目を浴びないように写真を撮ろうとする僕とは正反対だけど、これもなかなか楽しいな、と思った。なにより良い家族だ。

写真を見た後はコーヒーを飲んで一服し、マグカップを探しにロフトやら西武百貨店やらに行ったのだが、どうも気にいったものがなかったので結局買わずじまいだった。しかし西武百貨店の屋上にはペットショップがあることに気が付き、そこで動物園気分を味わってきたので無駄足ではなかったようだ。高い文鳥は毛並みが美しい。

その後新歓コンパに向かった。しかし体調がすぐれないせいか、どうも最近気を遣わなくていい人としか会っていないせいか、それとも久しぶりの渋谷の喧騒に頭をやられたのか、まぁ理由はよく分からないが物凄くだるくなってしまい、二次会は途中で抜け出して近くの喫茶店で例のタバコの本を読みながらコーヒーを飲んでいた。多分今話したい事、話したい人が特にいなかったのだろう。戻ると久しぶりの先輩がいたので、少し話をしておとなしく帰った。

終電一本前くらいで帰宅し、寝ようとしたのだが、いろいろ頭に巡って寝られず、結局三時就寝。しかし何故か六時半に目が覚めてしまった。これでは疲れが取れないと無理やり寝て、再び九時起床。なんだかもの凄く気分が悪い目覚めだが、今日は一日頑張らねば。


p.s.
うっかりしてチェックしていなかったのだが、ちょうど僕らがパルコにいたころ、スペイン坂スタジオでエレカシが公開生放送をしていたらしい。こんなことなら見に行けば良かったと思ったが、どうやら放送事故が起きたようだ。ここに動画が上がっているが、5:35あたりから険悪なムードになっている。うーん。

2009/04/18

グッドラック

調子が悪いのがだんだん日常化してきた。いつになったら全快するのやら。

一昨日は結局あの後友人に夕食に誘われて家を出た。調子が悪いと気も塞ぎこみがちだが、おかげで気楽にやれている。

昨日は論文読んだり勉強会をしたり講義に出たり。夜になると高校の同級生から連絡がきたので食事をしに行った。今年のマーケットはかなり冷え込んでいるようで、僕の周りの人でも結構な人たちが内定をもらえずに苦しんでいる。僕が頑張れとは言えないくらいに頑張っているので、グッドラックと言っておいた。

その後ゼミの飲み会に少し顔を出した。新入生がいるかな、と思って行ったら4年生ばかりで逆に驚いた。終いにはマジョリティが院生という何ともお寒い事になったが、まぁいろいろ話を聞いてやる気がさらに出てきたのでいい事にする。

そう言っておいて悪いのだが、今日は一日色々と雑用などで潰れる予感。サークルの新歓コンパだったり髪を切ったり、買い物したり。メリハリが重要だと思っているので、明日はしっかりやるのだけども。

こんな記事があった。夢広がる。

2009/04/16

踏んだり蹴ったり

のど飴をなめようとして、口の中でコロコロと転がしていたら、勢い余ってのどに入ってしまった。一瞬何が起きたか分からなかったが、息があまり出来ない事に気がついて、慌てて無理やり吐きだした。危うく誰かがのど飴を製造中止に追い込むところだったぜ。やれやれ。

最近の色々と手を出そうとしすぎて良くないのだが、こんな本がある。

Mostly Harmless Econometrics –  An Empiricist′s CompanionMostly Harmless Econometrics – An Empiricist′s Companion
JD Angrist

Princeton University Press 2009-01-23
売り上げランキング : 289

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

巷でかなり評判がいいので買ってみた。まだ読んですらないのだが、多分誤差項と説明変数の相関によるバイアスを除去するがために書かれた一冊に違いない。実証系の人は必携の書になるのだろうか?

ところで、とある界隈ではスーパースターのAcemogluという学者がいるのだが、彼のホームページやレクチャーノートを見てみると、その仕事量に驚く。無駄に多いんじゃないかと思うほど執筆しているわけで、この量のものをただ写すだけでも腱鞘炎になってしまいそうだ。実は3人いるとか、そう言われた方が納得できる。やれやれだ。


調子は未だ改善せず、今日は日に当ろうと三時頃からいつもの講堂前で寝転がっていたが、寒くなってきたのでさっさと院生部屋に戻ってしまった。体がだるくてしょうがない。

2009/04/15

ゾンビ状態

空の青きは、木々の緑を浮かび上がらせ、風の疾きは、病の身を置き去りにしていく。そんな一日。


今日は勉強会に出たりしていたが、やはり調子が悪くない。今日していた約束を昨日のうちに断っておいたが、どうやらそれは正解だったようだ。その証拠に、今こうして書いているのもちょっときついので、さっさと寝てしまおうと思う。起きていても半分死んでいるので、寝た方が良い。

工学部の建物に行く機会があったのだが、教室が綺麗でびっくりした。我らが経済学部もそこそこだとは思うのだが、あれには負ける。他の文系諸学部に比べれば経済学部は良い方かもしれないが。

色々本が届いた。風邪をさっさと治して勉学に励まねば。

2009/04/14

待合室

昨日は結局20時ごろに寝てしまった。しばらくベッドで本を読んでいたが、体がきつくなったのですぐ寝てしまったのだ。24時頃、先輩、とみせかけた後輩から飲みの誘いの電話が来たが、そういうわけなので断ってしまった。

今日は芳しくない体を引きずって一限から講義に行き、昼間は九段下で某セミナーに参加して再び大学で講義。あぁ、それと昼前に保健センターで薬をもらってきた。そう滅多に行くものじゃないが、まぁ薬が安く手に入るので調子が悪くなった時は行けるときは行くようにしている。待合室で座っていると後輩に鉢合わせ。うーん、病院で知り合いに会うのは老後で十分だ。

そんなわけで、今日も調子が悪いので、グダグダと論文を読みつつ寝てしまうのだと思われる。週末にはよくなっているといいのだが。

2009/04/13

ライブ違い

今日は色々雑務を処理したりしていた。入学式なので大学はお休み状態だ。

なんだか昨日の夜帰って来てから調子が悪く、今日もイマイチなのでさっさと大学から帰ってきてしまった。どうも風邪っぽい。今流行り?の結核でなければ良いが、風邪のとき独特の筋肉の硬直感がある。ベッドの上で横になりながら、音楽かけながらボーっとしたり、数学をしたり、今晩はそんな夜になりそうだ。・・・これじゃ治るものも治らない気がする。

最近あまり何を読んだとか書かなくなった気がするが、まぁ研究内容はあまりここに晒すものでもないし、毎日それを書いていたらそれはそれで面倒だ。ここに書くことはその時々で変わる、そんな風に考えてもらえるとありがたい。基本的には今のような生活日記だが、ときたま伝えたい事があって書くこともあるかもしれない。

--これは余談だが、この前読んだ文章読本の最後だったかに、つまるところ書きたい事があって初めて文章が出来上がるのだ、みたいなことが書いてあった。道理で普段の僕の日記に文体がないのだなぁ、と合点したのだが、要するに普段のここの記事は呟きであって伝えるためのものじゃない。逆に言えば何かを伝えたい時にはそれなりに文章を書こうとするのだから、それで良いのだろう。--


今日大学で後輩にすれ違ったのだが、「YAMASAKIさんは自由そうですね」と言われてしまった。そう、仰る通り、僕はアホみたいに自由なのだ。素晴らしい事に、僕には己の自由を縛る自由がある。

2009/04/12

竹下通り

今日も昼間までは論文を読んでいた。

昼過ぎ頃から文房具や雑貨屋、それにアートギャラリー巡りをしに表参道にでかけた。表参道の駅から明治神宮へ向かい、再び竹下通りを通って表参道までもどってきた。









表参道や明治神宮は行ったことがあるのだが、竹下通りは初めてだった。あそこはかなり特異な所で、日本にいるようで、日本でない気分。あそこに来る人たちは普段どんな生活を送っているのだろう。

表参道でタイ料理を食べ、再び大学に戻り少々論文を読んで帰宅。明日はまた月曜、一週間が始まる。土曜と今日で精神エネルギーは満タンなので、飛ばしていこう。

追伸:
しかし写真というのは難しいと今日痛感した。良い写真を撮るためにはまず良い写真を見ることから始まる、というとなんだか保守的な気がするが、まぁ多分そうなのだろう。気晴らしの時に積極的に写真を観賞して精進したい所。精進したところで別に自己満足以外のベネフィットは無いのだろうけど。

0004追記:
何故か竹下通りを宮下通りと表記していた。うーん、いくら馴染みがない所といってもその間違え方はあまりにゾンザイだ。

2009/04/11

桜の花舞い上がる武道館

今日は昼間は大学で論文を読み、夕方から武道館に行ってきた。思えば入学式以来の武道館で、くぐる門が懐かしい。

エレファントカシマシのライブも二回目になるのだが、前回と違い、ほとんどの曲を聴いてきた今では歌われるもの全てに自分の何かが染みついている。イントロを聴くだけで何だか分かると、楽しみはいよいよ複雑になってくる。「シャララ」なんていう古い曲だってそれは変わらない。

調子が悪いのか高音や裏声はあまり出ていなかったが、エレカシの場合はそんなのは最早どうでもいい(そう言っては失礼かもしれないが)。それに意外と古い曲をたくさんやってくれて嬉しかった。てっきり最近の曲がもっとメインになるかと思っていて、「男は行く」や「風」「昔の侍」「さらば青春」などが出てくるとは思っていなかった(そもそも曲数も思ってたより多かったし、たとえ出てきてもおかしくない曲なのだが)。本人たちも節目の武道館という事でいろいろやりたかったのかもしれない。そして、何よりも「風に吹かれて」を生で聴けて身震いした。

勿論最近の曲も良かったのは言うまでもない。特に「絆」が大作っぷりを発揮していたと思う。


残念だったのは「四月の風」や「ガストロンジャー」が入らなかったことくらいで、かなり満足なライブだった。ありがとう。DVDが出たら買ってしまうかもしれない。


参考までにセットリストを:
新しい季節へキミと
この世は最高!
今はここが真ん中さ!
デーデ
未来の生命体
風に吹かれて
さらば青春
甘き絶望
悲しみの果て
男は行く
リッスントゥザミュージック
昔の侍
シャララ
珍奇男
It's my life
ハナウタ~遠い昔からの物語~
to you

笑顔の未来へ
桜の花、舞い上がる道を
FLYER
俺たちの明日

アンコール
今宵の月のように

流れ星のやうな人生
ファイティングマン


明日も昼までは勉強して、昼過ぎから出かける予定。

2009/04/09

Nabil

今日は色々と充実していた。午前から論文を読み始め、昼を過ぎても論文を読み、夕方過ぎには銀座に行った。それは友人と食事をするためだったが、もう一か所行きたい所があったのでちょいと早めに出たのだ。

それは09 TDC展というやつで、タイポグラフィのコンペティション入賞作が展示されている。中でもNabil type familyというフォントがなかなか気にいった。アラビア系の文字と共用できるフォントデザインってコンセプトもいいと思うし、デザイン自体もどこか優雅な感じで、ついつい5分くらいぼーっと見てしまった。「専門的なことは何もわからないに近いけど、楽しめること」が多いとまぁそれなりに人生エンジョイできる。老後に今まで趣味だったのを本格的に勉強してみると楽しそう。突然フォントを創るために留学します、とか。…馬鹿は休み休みにしようか。

その後ニコンのギャラリーにもお邪魔して写真を鑑賞し、仕事を終えた友人と鰯を食べて帰ってきた。すると後輩から電話が入ったので、そちらにもちょいとお邪魔。どうやら今年の就職活動はなかなか厳しいらしく、後輩は大変そうだった。僕もいずれ他人事でなくなるのかもしれないが。

明日は金曜日ですな。

2009/04/08

過ごし方

今日も一日お勉強。ネットワーク論の勉強会に顔を出したが、なかなか面白そうと思う一方、既存の他理論で説明できないことでネットワーク論で説明できることって何だろう、と考えたり。データを取るのもなかなか難しそうだ。

勉強会が長くなったせいか、どっしりと疲れてしまったので、夕食を食べた後に講堂前のベンチで寝そべっていた。疲れた時はあそこが良い。木々が風に揺れる音を聴いていると、洗われる思いがする。リフレッシュ後は再び机に向かった。

そういうわけで、ここ最近は意欲も結構高く、良いスタートを切ったかなと。勿論好きでやっているのもあるのだけども、生活や将来がかかっていると思うと、やらなきゃならぬ。たとえ普段は適当でも、やる時はやる人であろう。

アルバム「俺の道」が最近急に浮上しているのだが、その中から一曲「俺の道」を:

本当は愛してやまないこの毎日を
いい加減に過ごすのはやめなよ

2009/04/07

あら汁

今日は朝から講義に出たり、歯医者に行ったり、運動したり色々お疲れさんな一日だった。


この前友人との話題に出たのだが、「丸の内OL」や「銀座OL」という言葉はなかなか興味深い。男性の場合だと、「丸の内OL」に対応するものとして挙げられるのは「ヒルズ族」だろうか。しかしヒルズ族はほぼ同値でIT関連というイメージである一方、丸の内だとか銀座は業種まではよく分からない。「金融マン」だとかそういう業種を示すようなものは勿論ステータスとして認知されているが…。

ふと「丸の内」「銀座」じゃないとだめなのだろうか、と思い、例えば「新宿」「渋谷」「池袋」など適当に考えてみたが、どれも少々インパクトが足りない。「霞が関」はそれはそれでちょっと…。

数ある都内の地名を付けては変えてみたが、一番衝撃的だったのは「築地」だ。「築地OL」の朝は早い。それに彼女の一日はきっと、いや間違いなく「ベーグル」なんという洒落たものではなく「あら汁」で始まるのだ。最早オフィスで働いているかどうかも定かではないが…。そんな「築地OL」を僕は応援しています笑

…くだらない話はここらでやめておこう。明日は取る講義がないので、気ままに本や論文を読んだりして過ごす予定。天気がいいと良いな。…あら汁が飲みたくなってきた。

2009/04/06

サイクル

今日も本を読んでいた。肩が凝ってしまう。

研究ノートをつけようかと思う。読んだ論文を整理したり、ちょっとしたことを書き留めておいたり。書いておかないと忘れてしまう。

そうそう、土曜日は千葉に行っていたのだった。カメラを片手に行ったので、数枚アップしてみよう。





平日は勉学、それに肩こりの解消のために運動に励み、週末はリフレッシュ。このサイクルが良さそうだ。

2009/04/05

四月の風

今日は夕方まで大学で読書。夜は軽い用事があったので友人と食事。至って平穏な日曜日。

明日から大学院が始まります。そんな四月はこんな一曲と共に過ごしたい所。

頑張らなければ。

2009/04/04

疲れた時は箇条書き

今日はえらく色々あった。箇条書きでまとめると

・小学校に行った
・花見をした
・更地に行った
・公園でピクニックをした
・キャッチボールをした
・観覧車に乗った
・ドーナツを食べた
・寺に参った
・橋を渡った
・中華料理を食べた
・疲れ果てた

なんじゃこりゃ・・・。



明日は一日ゆっくり調べ物をします。

2009/04/03

次の一歩

今日はガイダンスで、「文章読本」を読みながら教務課の人の話を流し聞きしたりしていた。昨年まで在籍していたゼミのオリエンテーションがあったので、様子見ついでにお邪魔したりもした。今年も楽しいメンツが入ってくれれば良い。あとは歓迎会という名の飲み会に顔を出して、初対面となる同期らと話をしていた。

シラバスを見ながら考えていたのだが、冬学期までのアカデミックな目標は優先順位的には
1お手伝いをしつつ研究テーマを掘り下げて探す
2TOEFL100点
3ポリエコ契約論ゲーム論などの経済学
4確率論などの数学
という感じになりそう。でもポリエコの先生はうちにはいないんだよなぁ。

プライベートな意味での目標は、新しい環境に適応すること。院生だったり社会人になったりで、今までみたいに自分が相手に無尽蔵に時間を費やせるわけでもなく、また相手も自分に際限なく付き合ってはくれない中で、どういう風にしていくか。良い着地点を模索していかなければ。

明日は一日出かけてきます。

2009/04/02

今さら

星の王子さま (新潮文庫)星の王子さま (新潮文庫)
Antoine de Saint‐Exup´ery 河野 万里子

新潮社 2006-03
売り上げランキング : 73924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「人間の土地」と「夜間飛行」を読んでおいて、これを読まないというのもなんだか「ひねくれ者」のような気がしたので、沖縄に向かう前の日に買って旅行中暇な時に読んでいた。

感想としては、僕はまだまだコドモだということで、読んでいて例えば「あぁ、こういう事を忘れてはいけないな」と思うよりも、「あぁ、その通りだ」と現在進行形で合点してしまう事が多々あったのだった。全体的には簡単な文章であるけども、なかなか奥深いエピソードが散りばめられていて、子供向けの本と勘違いしていた僕は少々面食らった。キツネの話などが印象深かっただろうか。

講義は来週頭からなので、そろそろ春休みモードを払拭せねばらなないのだが、最後の悪あがきでこんなものを買ってみた。
文章読本 (中公文庫)文章読本 (中公文庫)
谷崎 潤一郎

中央公論社 1996-02
売り上げランキング : 13129

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

三島由紀夫と丸谷才一のも買ってしまった。

思えば約3年近く、ほぼ毎日ここを更新しているわけだが、意外にもこういう本を読むのは初めてだと思う。そもそも呟きのように始まったからといってしまえばそれまでだが、奇遇にもここ数日、いくつか文章を書かないといけない事があって、色々と何を書こうか、どうやって書こうかと苦心していた。そこで、これを機に文章力(とは何か実はよく分かっていないが)を上げてみようと思い、この本を手にとったのだった。

明日は一日ガイダンス、週末は遊びに出かけ、週末明けに本格的に始動します。

2009/04/01

沖縄 阿嘉島

26-29とサークルの卒業旅行で沖縄に行っていました。26、27の夜は離島の阿嘉島に泊まっていました。

阿嘉島は座間味から近くで、那覇からは高速船で1時間くらい。特に何かがあるかと言うとそうでもない島ですが、きれいな海と星空でお腹いっぱいになれる島でございます。モロッコの砂漠と同等、もしくはそれ以上星が見えたような気がします。

ここまで海がきれいだと、海に入らないのももったいないと思ったので、シュノーケルの道具を貸してもらい27日は半日泳いでいました。海に入るのは10年ぶりくらいでしょうか。若干寒かったけども、水族館にいるような魚がうようよいて、ここは南国なんだなぁとしみじみしてしまいました。

その日は午後自由になったので、相棒と島をブラブラ散歩していました。展望台から見る海もアホかと思うくらい綺麗。ビー玉のような色をしております。



夜は泡盛会が開かれ、愉快な仲間達とわいわいやっていました。他の期からは仲が悪いと冗談を言われるうちの期ですが、結局のところ仲が良いんだと思います。夜中に鹿を探しに行ったり、数名泥にはまったり、それはそれは馬鹿らしい夜でしたとさ。

28日は那覇に戻り、バンを借りて半日那覇から南をドライブをしていました。知念の斎場御嶽から平和祈念公園、それにひめゆりの塔。ホーチミンの戦争証跡博物館よりはマイルドかつ良い意味で教育的に充実している平和祈念公園の資料館で、時間が足りなかったのが残念ですが、あの類の博物館は若干食傷気味です。

しかし色々と見ている中で、ふと沖縄の人のアイデンティティーはどこにあるんだろう、と思ったりしてしまいました。本土と沖縄では少なからず「日本」というものに対する感情は違うはずで、沖縄戦やら本土復帰やらはどういう風に記憶されているのでしょうか、と。

その日の夜は先に帰る二人を見送った後、島唄ライブの店で食事をし、泡盛を飲んで就寝。翌日は昼ごろの便だったので、午前中首里城近くを散歩して帰ってきました。


うちの同期は実は就職組は少ないので、まぁこれから二年間も旅行をしようと思えば出来なくないのでしょうが、とりあえず楽しい旅行をありがとうございました。