2010/01/29

指輪保険

なんだか眠れず、結局徹夜してしまった。今日はよく寝られるだろう。

昨日有楽町に行った際、ビックカメラに寄ったのだが、行列ができていて何事かと思った。どうやらドラクエ6の発売日らしく、結構な数が並んでいたのだったが、場所柄のせいかもしれないが、ほとんどが大学生より年上といった具合で、ドラクエの顧客も年をとってきたのかなぁ、なんて思ったり。30,40くらいの紺のスーツを着た人たちがドラクエを買いに行列に並んでいる。これぞジャパン。



結婚指輪と婚約指輪は違うものなのか、という話がこの前出たのだが、確かによくよく考えると不思議だ。トレンディドラマ(死語)的には男性が「パカッ」とあけるのが婚約指輪で、結婚式で「じゃじゃーん」と付けるのが結婚指輪というイメージだが、じゃあ結婚式が済むと婚約指輪はどうなってしまうのだろう・・・。

デビアスのコピー「ダイアモンドは永遠の輝き」「給料三カ月分」はその筋でも有名らしいが、今時の若者の収入的にどうもそういう人たちがたくさんいるとはちょっと思えない。あんなトレンディドラマはバブルだからこそのもので、皆がティファニーやらハリーウィンストンやらで指輪を買う国の方がよっぽどおかしい(実際そうだったかは知らないが)。バブル世代からすると奇異な目で見られるのかもしれないが、最近の若者の「~~離れ」で所得以外で説明できないものがあるのだろうか・・・。

どうでもいいが、婚約指輪保険ってあるのだろうか。例えば名前も彫りこんでしまった後に「すいません」と言われてしまうと、悲惨なことになる気がするのだが。

ああまたどうでもいいことを考えてしまった。

0 件のコメント:

コメントを投稿