2010/03/11

チキンラーメンとLED

WBSでBOPビジネスの一例としてアフリカにおける日清のチキンラーメンと三洋電機のソーラーLEDランタンの市場開拓が紹介されていた。

チキンラーメンはケニアの話で、ケニア人に足りない栄養素を配合したりして現地化。アフリカには麺文化がないということで(確かに言われてみるとそういうイメージは無い)、味も醤油を薄めたり麺を短くしたりして現地化。まだ子供たちに無料配布したり試食会をしている段階で、手探り状態らしい。

ランタンはウガンダの話。火事の危険性や、すすで灰に障害が出る可能性のある灯油ランプから、LEDに変われば生活改善になるし、電気のないところにもソーラーなら問題ない。月給二カ月分という価格が問題だが、灯油ランプに使っていた毎月の灯油代くらいの負担で月賦にしたり、政府や世銀からの補助金などでなんとかなるらしい。


双方ともゼロからの市場開拓ということで、暗中模索という具合だったが、個人的には興奮する話だった。アカデミアを目指そうとしている僕だけども、こういうのもやってみたいなんて思ったりしてしまう。どっちが得意かと言われるとやっぱりアカデミックなほうだと思うから、こっちにいるだけのことで、ああいうビジネスをする人のことは素直に偉いなぁと思うのだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿