2010/04/10

石見銀山・出雲・松江

旅行記を書く暇がないので、箇条書きで簡単に記録しておく。


0.サンライズ出雲
なかなか寝付けず、名古屋を確認してから寝た。夜行列車はわくわくするね。


1.石見銀山

世界遺産だから行ってみたい、という人はいかない方がいい。現地の人もお墨付きの「凄さがわかりにくい」スポットだからである。てくてく歩いて探検するのが好きな人には勧められるが、派手な観光地が好きな人は行ってもつまらないと思う。お客さんはまばら。


2.出雲

出雲大社は桜の季節で、まるで印象派の絵画に出てくるようなきれいな池があった。本殿は修復中で神様は仮住まい。パワースポットなどと言う訳のわからない言説に惑わされず?、出雲そばをただ食らふのみ。三段割子はうまい。なに?罰当たりだって?

夕ご飯を食べようと駅前を散策すると、地方特有の歓楽街が現れる。夕食屋と居酒屋とスナックが入り混じった匂いがする夜の街。



3.松江

高校のころはよく松山と松江がごっちゃになっていたが、松江は素晴らしい観光地だと思う。堀川の屋形船、小泉八雲旧邸、武家屋敷、抹茶と和菓子、松江城、しじみ汁etc。東京からわざわざ行くかと言われると、金沢に色々dominateされている気もするが、京都、金沢の次に来る良き観光城下町だと思うのだった。


総論:
普段行かない日本の地方には、やはりまだまだ知らない土地が多い。死ぬまでに47都道府県を制覇出来るであろうか。

写真は以下のリンクから。

izumo and matsue

あんまり調整をしている暇がなく、写真が雑なのはご愛敬・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿