2010/05/24

偽物の保守

保守という言葉は意味するところがあいまいなのであまり使わないのだけども、ここではあまり高尚な意味ではなくて、単に新しい物嫌いだったり、若者嫌いだったり、そういう傾向を指す事にします。

世の中には保守的な人というのがいるが、てっきりリスク回避的な思考をする人がそうであることが多いと思っていた。仮にそういうタイプの保守な人を真の保守とすれば、偽物の保守は無知から来るリスク回避、ambiguity aversionを持つ人なのかもしれない、そしてそういう類の偽物の保守は結構多いのかも、なんて。

常に新しい物を受容できる器をもっていたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿