2010/08/03

旅立ち

結構お世話になっていた先輩が先日海の向こうへと旅立った。研究科としては珍しいタイプの人だと思っていた。いい刺激を受けたと思う。またいずれお世話になります。



先週たまたま時間があいたので、コンビニで何気なく今まで手に取った事がなかったモーニングを立ち読みした。さきほど同僚の部屋に置いてあったジャンプを立ち読みした。

どうやらいつの間にかモーニングの方が面白いと思う年になっていたようだ。少年じゃねぇんだな。とっくの昔からそうなんだろうけど・・。


そうやって年食って、誰しもがいつかは死ぬんだなぁ、と思うと何とも言えない気分になるが、まぁメランコリックになっても良い事は無いので、いつも通り能天気にいくしかないのである。

でも小さいころから、自分のいない世界が想像できないが故に死を恐れるのだけども、そもそもそれが想像できたら死じゃないんだよな。死んだ爺ちゃんだって当たり前だけども死んでからお目にかからんし、寝床に現れてお告げとかも言わないし、たまに夢に出てきて冗談言うくらいだしな(笑)


もうちょっと発表の準備でもしてから寝よ。構造推定学派に取りこまれている昨今なので、ちょいと推定法を勉強といった具合。まぁ「理論に詳しくありたい+基本実証好き」なら構造推定チックに行くのが良いんだろうと。論文書くのに時間かかりそうだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿