2010/09/10

朱に交われば

赤くなる。

なんだか僕はテクニカルな方向に走りがちな気配がするので、もうちょっと政策志向というか、トピックに対する感応度も高めないといけない気がするんだよなぁ。留学先にしてもfeasibleと思われる第二、第三グループ的な大学群の中だとピンとこないところが多いのは、嫌にテクニカル志向だからな気がする。

そういう意味で、topの大学を見るとやっぱ楽しそうだけど、娯楽で研究やれるほど世の中捨てられないし、その世界には猛者がたくさんいるから、それは無理。開発を生業にしていく以上、もうちょっとトピックに対して敏感でないと。現状としては開発ネタより、諸々の推定法の方がアンテナ向いちゃってるもんなぁ。動学ゲームの推定とか、開発で使えると個人的には面白いんだけど、できたとしてもやっぱトピックが重要でないとだめだし、そうでなきゃ開発経済学者としては微妙だもんなぁ。

結局とーふるは何回やっても何故か99しか出ないので、(あと一回最後に受けるけども)多分このままでだしちゃいます。もう面倒だし。あとは、開発が強くて、micro economeが弱くない所に引っかかるとうれしいです。・・・いやほんと、凄くうれしいです。結果出るのは5ヶ月後くらいだけども。

やれやれ、とりあえずGREを処理しないとな。

0 件のコメント:

コメントを投稿