2010/11/21

Zepp Tokyo

別の先生に診てもらうと別の意見が入るのは病院でも修論指導でも同じ、という訳で、二人の主治医さんに全快と言ってもらえるような論文に出来ると良いな、という感じです。まぁとりあえずの納期は別としてね。


昨日は前から予約してあったZepp Tokyoのエレカシライブに。お台場は遠くて不便ござる・・・。


選曲も要因かと思うけど、過去数回のライブに比べてド迫力という言葉が似合うライブだった。一曲目の「脱コミュニケーション」から全開の宮本さん。他に新アルバムからはお気にいりの「旅」をはじめ、数曲がリストに。

「男は行く」「習わぬ経を読む男」「good morning」「ガストロンジャー」、など全体的にメロディアスなものよりはガツンとくる曲が多くて、そのせいかドラムがいつもより刺激的だった印象(その中にあってしっとり系の「彼女は買い物の帰り道」や間違えまくった「寒き夜」などが引き立っていたが)。今のレーベルに移籍してからちょっとポップス路線が続いたけど、このライブの感じからしても攻撃的な方向に舵を切っているように見える。ウェルカム。あまりのアグレッシブさに頭が痛くなったので、終わった後はショウロンポウ食べて帰りました。


今日は一日論文の作業。データと向き合うのも楽しいけど、背後にある数式と向き合うのも楽しい。お前も俺に負けるなよ、と言われたからには頑張らないと(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿