2010/12/31

ゆく年くる年

2010年もお終い。軽く振り返り。

・計量に多少明るくなった
修論の最大の収穫はプログラム評価に関する知識が深まったことだし、某ゼミの最大の収穫はどんな推定量にも恐れをなさない心を身に付けた事(笑)。自力で推定量を作ってその性質を見られる所まで行っているかと言われると怪しいので、次の一年でそこまで行くのを期待。まぁ実証屋さんとしてはそこまで行かなくてもいいのかもしれないけど、やっぱり既存の推定量じゃ自分の事例でうまくいかない!というときには自力開発できた方が良いよなぁ、なんて。

あ、あとIOを介してDPの推定とかにも多少明るくなった。今日もDube, Fox, SuのNFPとMPECの比較ワーキングペーパーを読んでいる。きっと役立つはず、というか使える。

・なんだかんだで数学力は微妙に向上
定期的にRudinの簡単なほうの教科書を読んで問題を解いている。地味に効いてくることを期待。

・論文の作り方のコツの端をつかんだ気がする
多分、「これをやりたい」と頭に置きつつ、プロポーザルや論文のイントロを作る感じで文献を調べてまとめ上げる、この作業をひたすらするのがいいんじゃないかと某書類を作成する過程で思った。問題意識を持って論文を読んでまとめておかないと、どうせどこかで散逸する。勿論良いリサーチクエッションが出るかどうかは、ある程度の背景知識を必要とするのだけども。

・コネは重要
正確に言うと、自分の実力を正当に評価(過少でも過大でもなく)してくれ、なおかつそれを正確に伝えるものが必要。それがテストの結果でも、学位でも、推薦状でも変わりはないが、シグナルとして有効であることが重要。



なんだかんだで大変な一年になりそうな2011年の目標

・とりあえず修論を学会発表→パブリッシュさせることを一つの目標にしたいが、温めているテーマをそろそろ本格的に始動させたいのでそちらもある程度の形にもっていきたい。

・実証屋さんとして必要な背景知識が不足している気がするのでどうにかしないと。テクニカルなクエッションではなくて、より実証屋さんぽいクエッションの立て方が苦手だから。結局トップジャーナルに載っているような実証論文って、テクニカルにはそんなに難しくなくてもクエッションが素晴らしい、て類の論文が多いよね、ってことで。


愉快でファンキーな一年にしたいっす。

0 件のコメント:

コメントを投稿