2010/04/28

胸を張って

少しくらい忙しくても、心の余裕を持てる精神力と手際の良さを。もっと力強い生活をこの手に。

2010/04/25

旧朝倉家住宅

今日は午前中に庭園美術館に行き、その後旧朝倉家住宅へ。

今日はロシア構成主義だったのだが、そこはかなりツボなところなので満足した。あの人間味がないポスターに心魅かれる。庭園美術館自体はいつも通り気持ちのいいお庭なので、あそこは結構お気に入りである。

旧朝倉家は代官山にあるのだが、いけ好かないほどにおしゃれ感漂う街とは違い、昔ながらのお屋敷。ひさしぶりにああいう畳のある家を見た気がするなぁ。縁側でボーっとしたりしていたら時間が過ぎてしまったので、あわてて大学に帰り、作業に戻る。メリハリは大事。

meguro and daikanyama

2010/04/24

共同生活

とある先輩が入籍したので、今夜もう一人の先輩とともにお祝いに行った。僕ら男三人組は付き合いがあるのだが、奥さまには僕は初めて会った。世間話をしたり、人生ゲームをしたりして時を過ごした(余談だが、二プレイいずれも僕はフリーターで始まり、借金地獄、株では負け、家は燃え、散々な人生だった。そうならないよう頑張ろう笑)。

しかし身近な友人と言えるくらいの中では結婚した人は初めてだったので、どんな感じなんだろうと思って恐る恐るという具合だったのだけども、良い意味で意外と普通というか、自然な感じだったので、こういうものなんだろうなぁ、と思ったのだった。いやまぁ部外者が見える所なんてそう深くは無いのだろうし、結婚の意味するところの「共同生活」しか垣間見えないのだけども。

最近身近でちょろちょろと結婚を決める人が出だしていて、人ごとながらなんとなく嬉しく思う今日この頃。本人たちが幸せそうなら、祝う以外の選択肢はそうないでしょう。

2010/04/20

キリスト教

penという雑誌はなかなか好みで、たまに面白い特集を組んでくれるのだけども、今回はキリスト教。といっても、それほど細かい話と言うよりは、キリスト教美術の写真集のようなもの。宗教の功罪は色々叫ばれるけども、美術品そのものは素晴らしいものが多い。それもこれも宗教が金を巻き上げてくれたおかげ、かも。

今日はいい加減眠い。早く寝よう。

2010/04/19

内定

親友が内定をゲットしたというので、久々に会って飲んできた。実は学部三年のころに、二人のうち先に初任給が出た方がその金で相手に一回飲みをおごるという賭けをしていたので、来年の今頃にはおごってもらえる。やった。

ちなみにその賭けは学部三年の頃にしたので、別に勝てることを見込んだわけでもない。互いに博士までいくと思っていたから、五分五分だと思っていた。まぁ分野が違うと事情も違うから、博士に行かないことを残念には思わないし、あいつが愉快に生きていってくれるのならそれが何より。

しかし僕は一回もいわゆる就活をしなかったな。リクナビに登録したこともない、末期患者で入院ということになる。自分いわゆる世間的に許容されるような人間かどうかが分らなかったのが、唯一気になるところだけども、まぁそれだけを知るのに就活をするのは無駄すぎると思ったのでやらなかった。

こっちはこっちで頑張らないと職がないけど、まぁ就活と違って?頑張るのも不毛そうじゃないし、それでいいと思うのです。

2010/04/18

子育て奮闘記

なんか昨日は夜飲みの予定があったのがキャンセルになったので、家で久々に以前先輩が置いていったウィスキー飲みながら2009野音のライブDVDを見直していた。なんか絵に書いたような30代独身男性的な香りがして、うわわわわ。でも「暮れゆく夕べの空」をじっくり聴けて満足した。

今日も大学で宿題を片付けるの巻。なんか今週は毎日大学に来たなぁ。いつもは週に一回くらい来ない日があるんだけど。まぁ土日も働いている俺カコイイ的なのはちょっとうんざりするのだけども、結構これも楽しいからいいや。

韓国に嫁いだ日本人女性の子育て奮闘記をちらっとテレビで見たんだけど、なかなかおもしろかった。しかし、どちらの言語を習得するべきかはちょっと別にして、アイデンティティの問題そのものって子供の成長に影響を与えるんだろうか。身の回りにあんまりいないけど、そういう外国育ちの日本人とか、日本育ちの外国人の人がいたらちょっと今度聞いてみようかと思う。

2010/04/17

自己正当化

自己正当化というのはなんぞや、とふと思った。とあるポリシー(行動の帰結を評価するような関数)を持っている人間が、とあるミスをしたり、たまたま偶発的に何かをしてそのポリシーではマイナスとなるような事をしても、それを含む過去の行動をさかのぼり新しいポリシーで評価してあげて効用が上昇すれば、自分の今までの行動は最大化の結果として解釈できるからだ。これからの行動の最大化の解とその値は当然ポリシーに依存して、必ずしも自己正当化でポリシーを変えたときに現在から未来への効用はそれまでのポリシーと比較して上がるとは言えないけども、下がるとも言えないし、それは過去の歴史の編纂とのトレードオフ。ポリシーを変えること自体に心理的コストを大きく持つ人が「頑固者」ということになるのやもしれぬ。


・・・こんなこと考えてないで勉強しないと。どうせどこかの誰かが研究しているだろうし、別にやりたいこともでもないから、いわゆる便所の落書きなのです。

2010/04/15

扇動的タイトル

どうやら昨日の記事のタイトルのせいで、異常にmixiからの訪問者が多かった。きっと僕が何かしでかして謝罪でもするのかと思い、期待を胸にクリックしたらいつも通りの記事で残念、という流れだと思う。誤解を招くタイトルですいませんでした、とここで謝罪。


今日は浮かんだり沈んだり。モデルの実証ということを根本的に誤解していたというか、ちょっと忘れていたというか、とにもかくにも至らなさに反省。精進しないと。

2010/04/14

謝罪

何かミスをして謝るときと、特段自分のミスではないがたまたま自分に非が出来て(電車が想定外に遅れてしまったとか)とりあえず謝るときは、多分に違う。双方とも謝ってはいるのだけども、前者の場合は相手に対して申し訳ないと思う一方で、自分に対しても自分を許せないという思いがあるからだ。それはミスの影響の大きさと必ずしも一対一ではない。

言葉遊びかもしれないが、前者のような時はその後の自分の行動を変えようとするので、ちゃんと表面に出てくるという意味では言葉遊びではないはず。


上の話と裏表だけども、ミスをされた方がミスをした方に、「本当に謝っているのか?」と思う状況は、実は「お前はミスをした自分自身をどういう風に思っているのか」という事を知りたいということであるということも同時に言えるはずだ。ミスの影響が大きいか小さいかによらないのがポイント。いくら影響が大きくても、本当に不確実なものが降ってきたのだったら、どうしようもない。それでもワンワンと怒ってこられたら、それはやり過ごすのが最適とすら思う。

いかんせん、謝り方には気をつけないとなぁ。

057追加:

PVが公開されていた。これ聞いて、もうちょっと頑張ってから家に帰ろう。

2010/04/12

それが問題だ

最近俄かにやる気が上がっているのだが、22時の段階で深夜まで勉強でもしようと思うと、必然的に夜食問題が発生する。食うべきか食わざるべきか。でもお腹すいちゃ何もできないから、軽食が欲しくなるよ。

色々数学の詰めの甘さが浮き彫りな昨今なので、ちゃんと基礎を整備しておきたい。やっぱ授業とらないとだめだな。独学でもいいのかもしれないけど、問題を解かないと理解に結びつかない。最低限コミットメントデバイスとして授業は使える。

計量関係のお勉強は楽しいが、それだけでは全く駄目なので、とある分野のりてらちゃーさーべいを始めたいと思っている。とりあえずデータの問題は横に置いておいて、頑張って仮説を持つところまでは進めておきたい。

そういう感じで、最近あんまり趣味だとかに興じなくなったけど、ある意味これが最大の趣味であるので、僕としては非常に愉快な日々を過ごしております。

2010/04/11

最高裁

海の向こうでは最高裁のリベラル派(恐らく自由主義という意味だと思う)が退任らしく、多くのニュースで報道されているが、翻って日本の最高裁の判事の退任が大きなニュースになることはあるのだろうか。国民審査もほとんど情報がない状態で信任に丸をつけているのが多くの国民の現状で、ほとんどの人が気にしていないと思う。しかし素人考えでは、Constitutionalismにとっては最高裁はかなり重要な気がするんだけどなぁ。政治学な人は一体現状をどう考えているのだろう。

でも、海の向こうでも普通の人はそんなこと興味ないのかもな。

2010/04/10

石見銀山・出雲・松江

旅行記を書く暇がないので、箇条書きで簡単に記録しておく。


0.サンライズ出雲
なかなか寝付けず、名古屋を確認してから寝た。夜行列車はわくわくするね。


1.石見銀山

世界遺産だから行ってみたい、という人はいかない方がいい。現地の人もお墨付きの「凄さがわかりにくい」スポットだからである。てくてく歩いて探検するのが好きな人には勧められるが、派手な観光地が好きな人は行ってもつまらないと思う。お客さんはまばら。


2.出雲

出雲大社は桜の季節で、まるで印象派の絵画に出てくるようなきれいな池があった。本殿は修復中で神様は仮住まい。パワースポットなどと言う訳のわからない言説に惑わされず?、出雲そばをただ食らふのみ。三段割子はうまい。なに?罰当たりだって?

夕ご飯を食べようと駅前を散策すると、地方特有の歓楽街が現れる。夕食屋と居酒屋とスナックが入り混じった匂いがする夜の街。



3.松江

高校のころはよく松山と松江がごっちゃになっていたが、松江は素晴らしい観光地だと思う。堀川の屋形船、小泉八雲旧邸、武家屋敷、抹茶と和菓子、松江城、しじみ汁etc。東京からわざわざ行くかと言われると、金沢に色々dominateされている気もするが、京都、金沢の次に来る良き観光城下町だと思うのだった。


総論:
普段行かない日本の地方には、やはりまだまだ知らない土地が多い。死ぬまでに47都道府県を制覇出来るであろうか。

写真は以下のリンクから。

izumo and matsue

あんまり調整をしている暇がなく、写真が雑なのはご愛敬・・。

2010/04/08

とまれなんて言わずに

エレファントカシマシのニューシングルが発売されるらしい。初回限定盤はライブ音源を収録したものをつくらしいので、これは何というファンホイホイ。でも、唯一のライブ盤である「野音 秋」「日本 夏」が入手困難な状況でライブ盤が手に入るのだから、買わない手は無い、と自分に言い訳。

幸せよ、この指にとまれ(初回盤)(ボーナスCD+DVD付)幸せよ、この指にとまれ(初回盤)(ボーナスCD+DVD付)
エレファントカシマシ

ユニバーサル・シグマ 2010-05-12
売り上げランキング : 39

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちが通常盤。
幸せよ、この指にとまれ幸せよ、この指にとまれ
エレファントカシマシ

ユニバーサル・シグマ 2010-05-12
売り上げランキング : 3039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

めずらしくジャケットがまともだ。でも最近のシングルジャケットはボチボチ良いものがあるので、むしろアルバムジャケットをどうにかしてほしい、と思ったり。

今度の曲は東芝EMI時代の後期のような雰囲気らしいので、「風」「町を見下ろす丘」好きとしては期待してしまう。タイトルからするとなんか軟弱な印象を受けるけど、そこはきっといい意味で肩の力の抜けた宮本節炸裂で裏切られたい。


最近はあんまり書くことないけど、それはそれでいいと思う。机に向かっているのが楽しいし、いろいろやらなくちゃいけないから。

2010/04/06

体力

10時間くらい座って色々やっていると、体がしんどくなる今日この頃。普通に朝から深夜まで計16時間くらい机に向かえる体力が欲しい。週に数回くらい体を鍛えないと、これからどんどん厳しくなるよなぁ。

2010/04/03

金と銀

昨日までにある程度片付けたので、今日は石見銀山に来ている。松江やら出雲やらを見て、月曜日には帰る予定。またそのうち旅行記をつけるけども、素朴に思ったのがお金について良く知らないなぁということで、石見銀山の発見と採掘が経済に与える影響とか良く分らん。金だの銀だのってフィアットマネーと違って生産される財だから、消費することのできない財としてモデルに入れるって感じなのかなぁ。まぁぶっちゃけそんなことを考えても今時何も役に立たないだろうから、あまりやらないと思うんだけども、今度マネーサーチやってる人に聞いてみよう。




全ての社会的成功は偶然の産物で、こうすれば成功するなんていう黄金律は無いし、成功者の語る理由づけなんて全てが後付け。だから、「こうすればいい」とビジネスモデルなどを引っ提げて成功に向けて盲目的に?意気込んでいる人を見ると、「頑張れ」と思う一方で、どこか冷めた目で見てしまう。それでも「頑張れ」と思うのは、その人が挑戦する人であるからだ。その人が成功すれば、それは社会としてもいい事になる。

翻って、研究者に対してはあまりそういう感情を抱かない。この差は何なんだろう。自分がこちら側にいるからだろうか。