2010/06/30

政治

選挙らしく、近くにはポスターが貼ってある。色々トンデモな人がたくさんいたが、一番驚いたのは「逆転の発想!政府が無駄遣いをすれば景気が良くなる!」的な事が書いてあったポスターがあった事。ホントにそう思っているかどうかは知らないが、そのコピーはまずいだろ。

政治に興味がある人が少ないというと、なんだかいけない気がするけども、本当の意味で政治に興味がある人もそれはそれである意味不気味で、その意味で一番健全なのは、「ほっといてくれ」というスタンスだと思ったりする今日この頃。


もうちょっと勉強してから寝よ。

2010/06/29

近況

高校時代の塾の数学の先生がT進に移籍したらしく、最近CMに出ててつい見てしまう。あのしゃべり方、相変わらず。当時からトップ講師という感じで、本も出していたけども、移籍するとは。予備校のトップ講師というと一種アジテーターのような人が多いけども、あの飄々とした感じは割と好きだった。


最近はひたすら研究室。睡眠時間を取り過ぎている感があるが、おかげで起きている間は眠気ゼロだからこれでいいと思う。

ああ、最近はサッカーをたまに見ている。やっぱ日本がある程度勝ち進むと俄然見る気がする。後はスペイン(≒バルセロナ)だけども、どちらもベスト4以上は厳しそう。嗚呼。スペインに至っては点の取られ方が「ブスケツ競り負ける→一点取られる→圧倒的なボール保持率で攻め続けるが一点に泣く」とバルセロナ過ぎて泣ける。

2010/06/26

家電

ちょいと用事があって、電気店に行ったのだが、ちらっと見た家電の値段の高さには吹き出してしまった。物を冷やすだけなのにウン万円とか、まぁせいぜい一万ちょっとがメジャーな層だろうと思っていたので、ちょっと自分の感覚とずれていたようだ。冷蔵庫だとミニマムで二万といったところか。一番すごい冷蔵庫は36万で、まるで仏壇のような両開き(何故かフレンチドアというらしい)で、開けるとまさに御開帳といったご様子。人が一人すぽっと余裕で入る大きさだ。東京で誰があんなバカでかい冷蔵庫を買えるのだろう・・・。不思議でたまらない。

とまぁ、一人暮らしで飄々と生活している身にとっては、あれだけのスペースがある冷蔵庫や、いやにいろいろ機能が付いたレンジとかいうのが逆に空しくなるというか、小回りに欠ける生活の象徴に見えるわけで。あぁ、でも僕の場合は本棚が冷蔵庫みたいなものなのかもなぁ。

2010/06/23

キーボード

キーボードが不調だったので、新しいのを送ってもらって自分で取り付けた。凄い簡単だし、保証内でキーボードは無料で送ってくれるので、便利なことこの上ない。修理で送ってしまうとその間パソコンが手元にないのが嫌だからね。これがthinkpadクオリティ。リンゴにもvaioにもレッツにも目をくれないのは、この自力修理が出来る保証サービス、トラックポイント付きキーボード、それとケースを必要としない頑丈さがあるからといっても過言ではない。

パソコンで思い出したが、ジョハネスバーグ―アンタナナリボ便にはもう結構お世話になったのだが、クルーたちの顔ぶれがあまり変わらないので、何回か見る人がちらほらいる。なかでもビジネスクラス担当(僕は当然エコノミーなんだけども)と思しきお姉さんはやたらに愛想、いやノリが良く、素晴らしきサービス精神だと感心している(欧米のサービス業は愛想など無縁だと勝手に思っている)。この前乗ったときは、僕の持っていたパソコンを指さしながら、「so smallですね」とニコニコしていた。咄嗟のことだったので、気の利いた返しが出来なかったのが残念だ。

エレカシの「幸せよ、この指にとまれ」がcmに採用された。
http://www.ntt-east.co.jp/gallery/#pk
のカレンダー編をクリック。なんか、こう聞くと、エレカシっぽくないなぁ。個人的には「赤き空よ!」の方が好きかも。

追記;
とあるブログで見かけた。
「東京新聞」('10年5月24日朝刊)のインタビュー記事によると
松任谷由実「方向さえ間違っていなければ、パーソナル(個人的)なことをきっちり言えば言うほどジェネラル(一般的)になる。個を追求すれば公に通じるもの。最大公約数的なことをただ言うだけでは、誰にも当てはまらなくなります」
だそうだ。

まぁ公に通ずるかはさておき、エレカシ好きなのはきっとそこにあるんだよな。基本的には、自分の事を歌わない歌にはあまり興味がないから。

2010/06/22

健康診断

健康診断に行ったら低血圧だといわれた。上が90ちょっと、下が50ちょっと。それと身長が伸びてて、169.9になり、体重が減ってて52になっていた。なんだかおかしいな。身長が今さら伸びるわけでもないし、家の体重計で見た時はもうちょっとあったのに。

今日はすごく体の状態がおかしい。頭は起きているのに、体は寝ている、そんな感じがする。おかげでうまく声も出ず、飲み会で黙っていたら心配されてしまった。


なんだかよく分らないが、ふわふわとした一日。覚えているのは、publicationが大事、ということくらい。耳にたこができるくらい聞くし、分っているのだけども、最初の一つが出るまでが一番大変とも聞く。やれやれ。なんだかよく分らん事ばかりだ。

2010/06/21

眼差し

「解説:松木」って誰が喜んで聞いているのだろう。居酒屋のカウンターにマイクが置かれているような感覚になって、不快だ。解説ではなく、アナのほうだけども、Jスポの倉敷さんが懐かしい。

matlabをいじりだした。結構プログラミングしているのは楽しい。ちゃんとグラフが出ると、おー、と声が出てしまう。


荒木経惟の写真を青山で見てきた。彼のネコの写真だった。「センチメンタルな旅 春の旅」という題目だった。それは文章でしか知らない「センチメンタルな旅 冬の旅」を思い出させるもので、きっとネコが死ぬんだろうな、と推測するには十分なものだった。

僕は写真の云々は良く分らない。優れた写真家がどういうものだとか、そういうことは一切わからない。ただただ、段々と老い、力を失っていくネコへの眼差し。愛する者が死にゆく姿を撮っていくという事は、その死や悲しみへの直視。それとは引き換えに、被写体からのこちら側への眼差しが失われていくのが非常に空しい。彼女はもう私を見ることは無いのだ、ということを痛烈に感じる。

愛別離苦は、その人がいなくなってしまうからというよりも、その人からの自分への働きかけや相互干渉が無くなってしまうからだと思う。一方的に思っているだけなら、いてもいなくてもある意味一緒だからだ。当たり前だが、そういう相互関係こそが、人が愛と呼ぶものについては肝要なものだと思う。視線はその象徴だ。


死は無味無臭なので、気が付くとそばにあったり、自分に襲いかかってきたりする。だから普通早過ぎる準備はしないものだが、果たして自分がそれに耐えられるかは良く分らない。人生良く分らない事ばかり。

2010/06/20

zoteroの難点

zoteroを使い続けているが、感じている難点をいくつか。


起動がどうしても遅い。firefoxを起動しないといけないので、起動後すぐに論文を開きたいときにはワンクッションのラグがある。


そういうときに、エクスプローラーで直接見ようとすると、各pdfがバラバラのフォルダに点在しているので非常に探しにくい。理想はpicasaのように、エクスプローラーでもpicasaでも簡単に見れるような感じ。



そういう理由で、他のアプリケーションへの移行がめんどくさそう。最近のアプリはpdfから文献情報を集めてくれると思うので、最悪pdfを一括コピペできればいいのだけども、その操作も簡単ではなさそう。


同期・バックアップ機能は無料版だとかなり容量が少なくて、あまり使えない。また遅い起動がさらに遅くなったり、動作が緩慢になることも。


かといって、winだと学術用に使うことを考えると、これよりいいアプリはあんまり見当たらないのも事実なんだけども。

2010/06/17

改めて

日本はいい国だ、と思う事が多くなった。それは本当にそうなのか、それとも自分が日本人だからかはさておき。ちなみに外国人に聞いたところ、結構多い意見は「日本は清潔だ」という意見だ。あまり気が付かないかもしれないが、確かにそうだ。個人的には肉ばかりだと腹を壊すことが多いので、日本食を評価したい。納豆、大根おろし、ちりめん万歳。

帰国の時に成田の税関でパスポートを見せると、税関のおじさんが「南ア?サッカーですか?」と聞いてくるので、「ただの乗り継ぎです」と答えると、「それは失礼」とのたまう。・・・平和すぎだろ。

2010/06/15

きかんちゅう

今ヨハネスのホテルに滞在中。日本代表サポーターが結構多くて、みんなどこか浮かれ気味。まぁそりゃそうだよな。

今までこの調査の道中で日本人なんてめったに見なかったけど、朝食取りに行ったら2割近くが日本人で、おおまじか、と思ったり。でも若い人は少ない。そりゃ金かかるもんなぁ。

途中藤岡弘探検隊的な感じにもなったけども、調査のモニタリングはとりあえず無事に終了したので、昨日から東京モードに戻るべく宿題を処理している。一週間のブランクは思っていたより大きい・・・。


マダガスカルの人に、観光親善大使?を任されたので少し宣伝。マダガスカル人は日本人とどこか似ているところがあるような気がしていて、その証拠に現地にも「和を以って尊しと為す」的な言葉があるらしい。主食も米だし、背も同じくらい。島国同士仲良くやりましょう。僕の知っている範囲のマダガスカル人は基本いい人でしたが、多分それはサンプルセレクションバイアスなので、行って犯罪にあっても僕のせいではありません。でも治安は悪くないと思う。

見るところと言えば、海岸沿いのリゾートがあったり、バオバブの木があったり、変なサルがいたり、割と国土が広いので全部見ようとすると移動が多いかもしれないけども、結構観光資源もある国です。一応昔の王朝の遺跡とかもあったり。

食べ物は上にも書いたとおり米が主食だけども、観光客はおいしいフランス料理でも食べていればいいと思う。格安でうまい。マダガスカル料理も結構いけてて、基本大量のご飯+塩のきいたおかず一品なんだけども、鰻と豚の煮込み的な何かはご飯が進む一品で結構気に入った。南国なのでフルーツも豊富。

とまぁ東部にしか言った事がないのでかなりバイアスがかかっている気もしなくもないけども、こんなかんじ。初めての海外旅行に行くのに最適かといわれると微妙だけども、一風変わったところに行きたいや途上国慣れしている人にはわりといいんじゃないでしょうか。バンコク経由で行けばそれなりに運賃も安いはず。興味をお持ちの方はぜひ。

2010/06/05

旅立ちは今

今日から10日ちょっと調査のお手伝いでお出かけ。ということで今成田。すごい客が少ない気がする。その分ストレスフリーだけど、それはそれでいらぬ心配をしてしまう。

飛行機の中は狭くてあまり好きではないけども、空港自体は好きだ。小さい頃、特に国際空港は、非日常の象徴のようなものだったからだ。興味をひかれるものが腐るほどあった。今でも嫌いではないが、段々と疲れを意識するようになってしまい、移動が億劫になってしまっている。良くない。

いずれにせよ、30時間超の大移動の始まり。貧弱と名高い自分の体力でどうなることか。やれやれ・・・。

2010/06/02

あああ

昨日からキーボードの調子がおかしい。ほんの少しの負荷をAのキーにかけただけで反応してしまい、すぐ「あああああああ」と入力されてしまう。明日サポートに電話して代わりのキーボード送ってもらおうかなぁ。調査には間に合わないのが若干嫌な感じだけども。

歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007

ビクターエンタテインメント 2008-08-06
売り上げランキング : 443

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

初めての斉藤和義。フライングしていないので、まだ良く分らないけども、これは聞いたことがあるって曲もある。



「市民社会」という言葉はどうもしっくりこないんだよなぁ。

2010/06/01

ジャコ

長時間移動のために借りてきたはずのCDを今フライングで聞いてしまっている。

ワード・オブ・マウス(SHM-CD)ワード・オブ・マウス(SHM-CD)
ジャコ・パストリアス

ワーナーミュージック・ジャパン 2009-06-24
売り上げランキング : 62206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジャコ・パストリアスは有名なあの肖像のアルバムしか知らないが、それでも好きな一枚で、たまたまレンタル店で目に入ったので借りてしまった。まだちょっとしか聞いていないけども、多分好きな線。


しかし最近のジャズって何が熱いんだろうなぁ。昔のアルバムばかり借りてきていて、最先端は全くと言っていいほど知らない。熱そうだと思って聞いていたESTはメインでやってた人が死んじゃったし、うーむ。ジャズ自体が昔ほど支持されていないのかもしれないけども。



まぁそんなものを追っている暇があったら、最先端の研究を追いなさいということだけど。


しかしディスクユニオンお茶の水ジャズ館のサイト(http://blog-ocha-jazz.diskunion.net/)には色々と上がっている。無性に欲しくなるよなぁ、煽られると。EVGENY LEBEDEVとか気になる。


色々聞いても、バックボーンとなる理論を持っていないせいで、好きか嫌いか以上の事が何も言えない。理論って大事ですね(笑)