2010/11/27

雑記

ライト兄弟が空を飛んでから、70年とたたずして人類は月に行ったらしい。科学技術の進歩は目覚ましいしスピードだな、と改めて思う。


論文を読んでいて「her contribution」という文章を目撃すると、「えっ、女性だったの?」と思ってしまうが、それは自分がいかに日本的社会で育ったかを物語っている。しかし、会ったこともない外国人の名前から性別など判断できぬ。


来週末は面接が二つある。とりあえず陰鬱さを匂わせうる、この髪の毛を切ろうと思う。

2010/11/21

Zepp Tokyo

別の先生に診てもらうと別の意見が入るのは病院でも修論指導でも同じ、という訳で、二人の主治医さんに全快と言ってもらえるような論文に出来ると良いな、という感じです。まぁとりあえずの納期は別としてね。


昨日は前から予約してあったZepp Tokyoのエレカシライブに。お台場は遠くて不便ござる・・・。


選曲も要因かと思うけど、過去数回のライブに比べてド迫力という言葉が似合うライブだった。一曲目の「脱コミュニケーション」から全開の宮本さん。他に新アルバムからはお気にいりの「旅」をはじめ、数曲がリストに。

「男は行く」「習わぬ経を読む男」「good morning」「ガストロンジャー」、など全体的にメロディアスなものよりはガツンとくる曲が多くて、そのせいかドラムがいつもより刺激的だった印象(その中にあってしっとり系の「彼女は買い物の帰り道」や間違えまくった「寒き夜」などが引き立っていたが)。今のレーベルに移籍してからちょっとポップス路線が続いたけど、このライブの感じからしても攻撃的な方向に舵を切っているように見える。ウェルカム。あまりのアグレッシブさに頭が痛くなったので、終わった後はショウロンポウ食べて帰りました。


今日は一日論文の作業。データと向き合うのも楽しいけど、背後にある数式と向き合うのも楽しい。お前も俺に負けるなよ、と言われたからには頑張らないと(笑)

2010/11/18

一区切り

修論の方向性がだいぶかっちりした。後は一歩ずつ進むだけである。何事も進む事よりもその方向性を決める方が難しい僕にとって、これは大きな前進。細心の注意を払って、研いで行く作業は性に合っている。

新アルバム、良いです。「旅」とか、シングルになってない曲たちも良い。「悪魔メフィスト」は宮本さんののどが不安になる曲ですが。ひたすらリピートでかかっている昨今。

2010/11/16

悪魔のささやき

昨日あんなこと書いたけど、やっぱstataで変数管理→matlabで計算にしよう。自分で計算式を書くのは面倒だけど、勉強になるし何より中身がブラックボックスでないだけ確信が持てる。

名盤の予感:

悪魔のささやき~そして、心に火を灯す旅~悪魔のささやき~そして、心に火を灯す旅~
エレファントカシマシ

ユニバーサル・シグマ 2010-11-17
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フライングで今日来て一通り聴いたけど、アルバムとしては前作より好きかもしれない。シングルで聴いたときはいまいちかなぁと思った楽曲群も、通しで聴くとくっきりするというか。雰囲気としては「風」の静けさに「俺の道」の気迫を吹き込み、それでいて聴きやすさを維持しているという、最近の作風が凝縮された感じ。

さすがに特典映像を見る暇はないので、たくさん予習して土曜日に備えよう。

2010/11/15

stataプログラミング

自分用メモを兼ねて。自分でadoファイルを作ってみたいという人にも。

僕はmatlabなどでの変数管理といわゆる千本ノックがめんどくさそうと思ったので、stataを使いつつまだ載っていない推定量などを自作するのが速いと踏んだ。勿論構造推定したいときはまた別なんだろうけども。

ここは大いに参考になりそう。
http://www.geocities.co.jp/Berkeley/3069/research/s-program.html#5
特に、7の誤差項の補正については、2step系のestimatorを推定したい時に使うのではないかと。

あとは、

Microeconometrics Using StataMicroeconometrics Using Stata
A. Colin Cameron Pravin K. Trivedi

Stata Corp 2010-03-09
売り上げランキング : 5218

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にも少しだけ載ってるし、
An Introduction to Stata ProgrammingAn Introduction to Stata Programming
Christopher F. Baum

Stata Corp 2009-03-18
売り上げランキング : 42048

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

はプログラミング専門の参考書。明日図書館に行ってみてみる。

2010/11/14

気になる本

消費者的に学問をただ楽しむ社会人というのはどのくらいいるのだろうか。それともたまの休日くらい何も考えずに遊びたいものなのだろうか、と経済史の書籍の情報を見て思った。

世界経済の歴史 -グローバル経済史入門-世界経済の歴史 -グローバル経済史入門-
金井 雄一

名古屋大学出版会 2010-07-02
売り上げランキング : 38349

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


高校の時、嫌いな暗記科目の社会科の中で、経済史は結構好きだった。人命や年号と違って、そこに理由がはっきりとあるように見えたからだ。読んでみたいけど、そんな余裕は今はない・・・。


学問に触れて得られる楽しさは、きっと入口と出口が一番大きい。つまり、既存の知見を知って「へぇ」と自分の無知に気が付くときと、自ら新しい知見を見出す時だ。研究者は後者でなければならないが、前者の意味で学問を楽しむ人がもっといても良い気がするんだけどな。小説を読む人口が割といるんだから。

2010/11/13

げに恐ろしきPTA

友達のついーとで知ったが、PTAってのは恐ろしい圧力団体だな。
http://ascii.jp/elem/000/000/569/569127/
「リスクがある以上、子どもにマイナスなものは規制すべき」
「私たちを叩いている人たちはネットの中だけで暮らしており、発言の場がネットにしかない人と捉えています。表の世界とネットは乖離しているのを感じますね。」
「『データはあるのか』と言われること自体がありえないですね。素直な親の感覚として、こういうものが規制なしで存在すること自体が問題なのであり、例えデータがなくても子どもを守るために読ませたくないという気持ちです」

・・・気持ちで政治を動かされたら困るんですよ。


とまぁ突っ込みだしたらキリがないと僕は思うんだけど、皆様はどうでしょう。まぁ立場上の発言で、本気で思っているとは考えにくいけども・・・。

2010/11/11

修論雑感

以前某先輩から聞いた「題材を突き詰めると、自然と一般的な推定方法では満足できなくなる」ってのは本当かもしれない。そういう意味でこのプロジェクトにがっつり関わって良かった。僕は理論エコノメ屋さんになれるとは思えないけど、理論エコノメ屋さんの努力に報いるレベルの実証研究をしないとな。

2010/11/07

方向性

修論、なんかすごい微妙な感じがしてきた。今回のは比較的fact finding的だから、当たるも八卦、当たらぬも八卦的なところがあるけども・・・。

やっぱ、頑張って理論作るか借用してきてtestable implicationの導出とテスト+identificationの証明からの構造推定、ってのが目標かな。fact findingも良いけど、それが得意かというと良く分らないしなぁ。とりあえず修論進めつつ時間を見つけて理論研究をしよう。修士の間は色々迷走したけど、やっぱそういうスタイルを目指すのが向いている気がする。できれば政策的implicationも、ってなれば言うこと無し。




今日知ったこと:
世の中にはムースが好きでもタルトが嫌いな人がいるらしい。俺はタルトが嫌いな人間なんていないと思っていたが、あの堅い生地が苦手のようだ。まぁかく言う俺もラーメンがそれほど好きじゃないからアブノーマルという意味では人の事は言えないが・・。

2010/11/04

方言

家帰って何気なくテレビつけたら、うちの実家の街が出てた。どうやらアイスの棒を「ホセ」という方言があるらしく、それがネタにされている。・・・全くそんな方言は知らないぞ。

と思ってググってみたら、twitter上で「俺は知らんぞ」と言う三河人が結構いた。・・・やらせか?(笑)


最近体調を崩しているので、このあたりで。