2011/09/27

スパゲティあれこれ

お金が無いので、自炊するしかないと思いキッチンに立ったが、あまり時間をかけたくないのと換気扇が壊れているせいでせいぜいスパゲティを茹でるくらいしかしていない。ソースも出来あいのものを買ってきて、生野菜とプチトマトをむしゃむしゃ食っている。茄子でもあれば気分が良いところなのだが、生憎普通のスーパーで茄子は見かけない。

ところでそのスパゲッティ、皆さんが何をお使いかは私は知らないが、ディチェコのスパゲティを買ってみた。日本でも見かける、舶来品の香りがするあの青い包装のスパゲティである。太さによってナンバリングがなされていて、日本ではスパゲティと言えば11番がメジャーだったはずだ。

ところがこのロンドンのスーパーでは、 いくらさがしても基本的に12番しか置いていない。これは11番より一つ太いもので、実際に買って食べてみると何だかあんかけスパゲティを思い出す感じの太さである。要はそういう濃い目のソースに合うのだろうが、どうもしっくりこない。ほんのちょっとの事なんだが、毎回疑問を感じながら食べている。そんな毎日である。


ちなみに、これは僕ではなく先輩が言っていた事だが、「イギリス人は麺のコシというものを理解していない」という説がある。確かにロンドンのスパゲティは大体アルデンテを通り越してソフト麺一歩手前の代物が多いし、UKで包装されたと思しきスパゲティには本当にこの太さでこれだけ茹でていいのかしらというゆで時間の目安が表記されている。僕は学校給食のソフト麺がコシが無いという理由で嫌いで(これまた苦手なポークビーンズと一緒に出されると殆ど食べられなかった)、よく先生に怒られて罰として食べるまで膳を下げられないなどの仕打ちを良く受けた記憶があるので、太くてコシの無い麺はちょっとしたトラウマである。そういう訳で、もし仮にこの地に永住することがあれば、ロンドン人に麺のコシという概念を伝えたいと思っている、というのは冗談だが・・・。


2 件のコメント:

  1. メシマズブログ始まったな。コシに対応する英語表現を探すべく奮闘してください!

    返信削除
  2. 「コシ」を探すまでもなく英語が厳しいわ。日本だと割と発言せずにミーティングとか座ってられないタイプだから余計につらいっす(笑)

    返信削除