2011/10/02

サンドイッチの話

何だか毎回愚痴めいた事を書くと何だか良くないという説もある。もしかしたらあなたは、僕がこの土地に心底うんざりしているのではないかと思っているのかもしれない。しかし僕としては特段そういう訳でもなく、かといってお花畑のように美しい所と思っているわけでもなく、東京や日本と同じように良いなぁと思う事もあればいい加減にしろよと思う事もある、ただそれだけであり、後者の方が仮に少し多かったとしても、大した問題ではない。それにこの土地では良い事・良い物は大体それなりの金がかかるので、本当はエンジョイできるはずの良い物を経験できていないこともまた事実。安くて良かったなぁと思ったのは某有名ジャズバー(5ポンド)ぐらいか。

ん、なんだかまた愚痴めいてきた気がする。それではいかん、たまにはいい事も書こう。それはサンドイッチ、つまるところピクルスとスモークサーモンだ。

こちらのサンドイッチ屋に行くと、pickleという具材を良く見かける。日本のマックに行くとはさんであるキュウリのようなピクルスではなく、玉ねぎが細かく切ってあって茶色に浸かったものである。大学にあるサンドイッチ屋では「ham and pickle」が確か1ポンドぐらいで買えて、それを頼むとおばちゃんがパンにぺっぺとpickleを塗り、ハムを一枚ペロン、もう一枚パンを上からトンと載せて出してくれる。塩気と酸味がなかなか強く、日本人好みだと思う。

かく言う僕、ついついそれをスーパーで購入してしまった。これで家でpickleを塗りたくったサンドイッチが作れる。一昨日はそれで馬鹿みたいにサンドイッチを食べて満足した。パッケージからは高級感が漂っていなかったので、多分庶民の味なんだろう。

もう少し高級なものが御所望のあなたは、スモークサーモンのサンドイッチを食べると良い。Pret A Mangerやeatといったサンドイッチチェーンに行けば、日本の大抵のものより濃厚で香り高く、分厚くて食べ応えのあるものにあり付けるだろう。 僕はスモークサーモンが好きなほうだが、そのあまりの濃さと食べ応えにちょっとくどいかもしれないと思うほどだったが、旨いことには変わりない。

これらのほかにも、チェーン店では日本よりはるかに種類の多いサンドイッチをエンジョイする事が出来るし、日本のコンビニのものと違ってサイズも昼食として十分なサイズであり、Pretのものを考えると美味しさもこちらの方が上である(価格差を無視しているが)。


そういうわけで、サンドイッチ好きの僕としてはロンドンはエキサイティングな街である。・・・誇張しすぎかもしれないが、まぁ嬉しいことには変わりないのであった。

2 件のコメント:

  1. てっきりサンドイッチ型のestimatorの分散についてのエントリかと思ったのに…

    ロンドン楽しそうで何よりです^^

    返信削除
  2. じゃあ次回は靴ひもの話にします。

    返信削除