2012/11/25

干渉

選挙が近い。だれに投票するべきかというのはいつもわからず、結局投票せずじまい、ということがほとんどであるが・・・。

権力を盾に伝統とか文化とか言い出す人たちは心底苦手なので、某野党はちょっと、という感じではあるが、かといってほかの面ではいいところがあるかもしれないので、まぁほぼ優劣をつけるのは不能なのである。論点が多すぎるし、それを絞っても結局政策の優劣なんていざ与党になったら新情報がぽろぽろ出てくるので変わりうる。そういう意味では、政策の目標とそれを実行するスタッフの質を見るしかないのかな。




しかし本当にそういう家父長のような権力者というのは政治だけではなく日常生活においても厄介なもので、まぁ僕は会社勤めもしていないのでそういう意味ではかなり恵まれているほうだが、それでもたまにはそういう人と相対しなければいけないこともある。そういう時には権力を無効化させるか、相手の権力が及ばないところに逃げ込むかの二択だと思っていて、大体逃げれるものはすべて逃げ切ったうえで、それでもダメなのは何とかして無力化させたい。余計な干渉に我慢したくないのである。


なるべくそういうトラブル的事象に合わないように生きていきたいが・・・。



2012/11/05

アイデンティティクライシス

最近「ジョジョの奇妙な冒険」が僕の人格形成に大きく影響していたという認識を日に日に強くしている。勇気とは恐怖を克服することだとどこかで思っているし、覚悟とは暗闇の中に進むべき道を切り開くことだというのもまた然りと思っている。実際僕はそんな勇敢な人間ではないかもしれないし、甘ちゃんなだけかもしれないけども、そうありたいと思っているのがこれまた事実。

そんなことを思ったのは、 こんなエントリをたまたま見たから。
http://d.hatena.ne.jp/raurublock/20080701/1214923268

僕はこの人と近いと思う。自分の人生を何かの物語としてとらえたことがないし、何せありえた自分を想像したとしても、アイデンティティが揺らぐ感触が全くないからだ。むしろアイデンティティを選択してきたという感触すらあって(もしかしたら昔「アイデンティティに先行する理性」を読んだのがちらっと残っているのかもしれない)、僕のアイデンティティは選択する主体という一点にのみに帰属しているという感じである。だから強いて言えばまったく好まない理不尽と思える強制をされた時こそがアイデンティティクライシス、(というか単にストレスがたまるというべきか)、なのであって、ジョジョのように物語や運命と思えるものが仮にあったとしても自分の選択によって抗っていくのが自然であり理想なのである。

まぁ実際自由意志とか存在しないかもしれないし、まぁたぶん存在しないのだろうけども、僕はこういうとらえ方をして局面局面で選択していくことが人生における幸せだと思っているし、そうでない人はそうでない生き方をすればいいじゃん、というスタンスだ。だが、あまりにアイデンティティクライシスという言葉がピンとこないので、果たしてアイデンティティクライシスというものを感じるときがあるのかは周りの人たちに聞いてみたいところである。

2012/09/25

人生の午後に

最近人生の終わりを少しづつ意識するようになってきた。人生は有限、というのはわかりきっているのだが、もっと若い頃は人生には無限の長さがあるかのように感じていて、色々なことに無駄に時間を費やすことができたのだけど。

しかしそれとは逆に意外に人生は長いなということを感じることもある。きっとこの二つの相反する感触は、自分の能力が以前のように右肩上がりには伸びなくなってきた気がすることに起因していて、もうピークに差し掛かっているのか、もっと先までいかないと、という感じと、そろそろ本格的に回収方法を見越して投資をしないと、という感じが同時に襲い掛かっているからであろう。




できることなら、活発に長生きしたいです。

2012/09/11

イギリス食パン

ロンドンに戻ってきた。

ロンドンにいるときはなるべく節制して日本でうまいものを食べようと思っていたのだが、そうしていると日本で散在する羽目になるので、ロンドンでもすこしぜいたくしてもいいじゃないかという気になっている。たとえるなら自炊で一日500円に収めていたのを7-800円に上げる感じ。

今日さっそくいいパンをwaitroseで買ってみた。どうやらちゃんとしたパン屋から仕入れているようで、
http://www.gailsbread.co.uk/
がもとらしい。値段は日本のデパートのパンと同じくらいかちょっと安い位で、まぁアホみたいに高いわけではない。ドンクのコーンパンからコーンを取ったような味だけど、あれよりちょっと旨い気がする。

しかしイギリス食パンのイメージを持っているが、未だに旨いイギリス食パンを食べたことがないなぁ。この店のやつで試してみようかな。

2012/07/22

渋谷

最近更新していないですね、と言われたのでたまには更新してみようと思う。やはりtwitterを始めると、どうも短文で意味のないつぶやきを垂れ流すことに慣れてしまって、長文で意味のないことを発信するのが億劫になるのだろうか。

昨日友人と会うために渋谷に行った。渋谷で飲むこと自体かなり久しぶりで街の雰囲気を忘れていたのだが、1時くらいの渋谷駅周辺の様子には正直面食らった。 僕の頭に描かれていた日本というものは、あくまで僕の周りの世界や、せいぜい僕がふれる情報の中の日本であり、生身の人間と言った時でも少しでも付き合いがあったせいぜい1000程度オーダーの数の人間のことを指すのに過ぎない。そのことをついつい忘れてしまいがちではあるが、渋谷の深夜の喧騒は自分と付き合いのない人間・気が合わない人間が腐るほどいることを思い起こさせてくれる。

しかしそれは一方で社会としては良いことなんだろうという妙な考え方もある。自分とは全く違う種の人間、渋谷でナンパをする若いニイちゃん(あ、そういえばひとり知り合いにもいたな)や六本木をハイヒールで歩くネェちゃんには、あまり好感を持つものでもないが、まぁ自由にやってくれ、自由を存分に謳歌してくれ、都市の空気は人を自由にするんだ!という気分になる。そう考えると、むしろ終電後の駅広場で恥ずかしげもなく騒いでいる人たちがいることは嬉しくもあり、逆に言えば、普段街を歩いていても特に気にもならない人たちは実は様々な人間関係に抑圧されていて自己を発露できないのだ、という状況のほうがよっぽど僕にとっては気分が悪いのかもしれない。


「かれこれそんな社会観で4年くらい生きているが、今のところこの路線は堅持しているんだなぁ」と思った1時過ぎの渋谷駅には、工事中であることを示す看板が目立ち「地図に残る仕事」という某ゼネコンの広告が風に波打っていた。渋谷は嫌いだけども、たまには訪れたい街である。

2012/05/31

試験終了

この二ヶ月間更新もしなかったのは、一年目の終わりにある試験のためで、まぁそれなりに大変だった。授業内容自体は日本にいたときの5割増程度なのだが、試験はopen bookだった日本とは違い、closed bookなので全部暗記しないといけない。おまけに僕は怠け者なので学部のころから各科目を地味にとり続け、なるべく負担が集中しないようにしていたので、ミクロマクロ計量の三科目を一気にやるのは初めてだった。大学受験以来の詰め込み量で暗記が苦手な僕としては正直大変だった。


しかし二ヶ月間テスト勉強しかしなかったので、研究のことが頭からfar awayしていて、非常に楽しくない日々を送っていたなぁ、と。正直こちらに来てから実力が伸びた感じがしないので、これから先が大いに不安でもある。とりあえず夏休みは共同プロジェクトをひとつ片付けたいし、もう一つのほうも目処をつけたい。そして一つプロポーザルが書ければ良いかな。これらが全部達成できれば二年目はある程度楽しくやれると思うのだが。

しかし気がつけばあっという間に一年が過ぎて、五年の留学なんてああっ、という間なんですね・・・。

2012/04/01

新年度ですね


少しばかり日本に帰って、大阪に寄ったせいか、急に和食が恋しくなって結局こちらでも日系の食料品店から冷凍食品や漬物、米などの物資を調達する事にしてしまった。昼はサンドイッチで良いけど、たまには家で夕食をとるつもり。昨日早速米と漬物、味噌汁、豆腐を食べたが、やはりダシや下味、塩気+米に勝てるものはない。

しかし豆腐、てめーはだめだ。僕はグルメではないが、その僕が許容しにくいほどマズイ豆腐なんて初めて食べたわ・・・。




今日で日本は年度初め。こちらにいるとこれといって何もないけど、友人らの中には今日から働きだすという人もいるのだなぁと漠然と思う次第。そういや同学年の親友がようやく職を見つけて働きだすとか言ってたな。既に辞めて無ければいいけど笑


こちらはこちらで5月末の試験に向けて淡々と試験準備をしている日々。これがなかなかつらく、多分大学受験以来の暗記をしないと試験に通らない予感。暗記が苦手なので、念仏を唱えるがごとく定理を暗唱する毎日。南無阿弥陀仏。



試験後の6月から9月まで、まるっと4カ月休みなんだけど、何をしようかなぁ。二つ進めないといけないのがあって、それとは別に修論ネタを仕込んでおくのはやらないといけないのか。というか、そもそもロンドンにいる必要もあまり無いと言えば無いのだよなぁ。メシマズだし。ああ、でも英語力は訓練しておきたいかも・・・。この四つだけで案外時間取られそうだな。まぁいいか。震災関連の研究するなら日本で情報収集しないといけないとは思うけど、ここは迷う所。


しかし仕事をしていないと方向性に迷い、仕事をしていればそれだけである程度の満足感を感じるというのも分ってはいるのだが、時には迷いたくなるのも人のサガなんでしょうかねぇ。

2012/03/10

あれから一年

東京にいた時にお世話になった先生が今日たまたまこちらにいるという連絡を貰ったので、先輩と一緒にお茶を飲んだ。偶然は重なるもので、数日後には僕の指導教官だった先生が来るので、これまた一緒に食事をする予定である。今僕がここにいるのはこのお二方のおかげと言って過言ではない、というかそれが事実である。

留学が決まってからこの一年、モラトリアム?の間に色々とチャレンジをしようと思って色々手を出してみたが、どうも未だに形にならずにいる。その理由を考えた所話は単純で、あまり人に相談することなく一人でボツにしてしまう事が多いからだ。これは非常に良くないので、試験が終わったら一つボツにしたアイディアをサルベージして色々意見を聞きまわってみようと思う。勿論ボツにしたのにはそれなりの理由があるのだが、多少の欠点には目をつぶれるくらい面白いものにすればいいのだし、そうしているうちに論文が書けなくなることの方がよっぽどヤバい。大体欠点のない斬新など無いのだ!とアホみたいな言い聞かせをするしかない。駄作でも無作よりはマシ。やらない善よりやる偽善。・・・違うか。


専攻についても思う事があり、震災があったせいか、開発に拘る気持ちがちょっと薄れた。依然として1st fieldにはなるんだろうけども、もう少し経済学の大きい流れと関連するような仕事がしたいという気分。さっそく非開発ネタ第一号の震災関連の手持ちのアイディアがあるのだけど、これも今度帰国する時に情報収集した方が良いな。そういうわけで分野に関しては二年目のフィールドコースを終えるまでは少し不透明。


友人とのプロジェクトの一環で慣れないモデルを考えて、頭もげそうになったので休憩中の一こまでした。がんばろ。


追記
震災から一年なんですね。僕の頭の中では一万人の人があっという間に死んでしまうという事へのリアリティが未だに絵空事のように希薄なんですが、 でも一方で自分の身近な人を失う事への寂しさ空しさは感じる事ができるので、それがとにもかくにも沢山起きたんだと思う事にしています。少し歴史をさかのぼれば、関東大震災や東京大空襲、広島・長崎では十万人単位で死亡者があったとありますが、それは最早ちょっと想像を絶してしまう世界です。


それはともかく、戦時や緊急時など、政府が重要な役割を果たすべき時に適切な判断が出来るような体制とはどういう体制か、という点が気になった一年でした。まだ研究には至らないレベルですが、少しずづそういう興味も広げていきたいと思います。

2012/02/25

食事の話

メシマズの国イギリスであっても、カレーを輸入した昔の日本人に倣って謙虚に学ぶ姿勢を見せようというわけで、日本よりイギリスが優れている食文化を思いつく限りあげてみたい。


1:サンドイッチ
何回か書いているが、pret a mangerのサンドイッチは少なくとも日本程度にはうまいし、種類は断然多い。ただのチェーン店だけど、日本に同等のチェーンがあるかと言われるとない。やはりサンドイッチの母国だけはあるか。

2:ショートブレッド
西洋版ちんすこう、とでも言えば良いだろうか。バターの風味が濃厚で、紅茶やコーヒーのお供に。以前友人にお土産に買って行ったら、馬鹿みたいにボリボリ食べていた。ただそのバター含有量から健康にはよろしくないと思う。

3:揚げ物+酢
フィッシュアンドチップスの魚やチップス(フライドポテト)などの揚げ物に、モルトビネガーをかけて食べる習慣があるようだ。また、クリスプ(ポテトチップ)にもビネガー味があることを確認した。これが普通にうまい。揚げ物の油っぽさがさっぱりとなり、意外と健康志向なんじゃないかと勘違いする。

4:エールビール
言わずと知れたエールビール。ただ正直最近こればかりなので、久々にスカッとするラガービールを飲みたくなってきた。そう言えばドイツ人同級生は、エールが嫌いらしくどのバーでもひたすらラガーを飲んでるな・・・。

5:きのこ類
デカイ椎茸のようなものからマッシュルームのようなものまで、濃厚なソテーとかクリーム系の絡みとかは和食には無い味で美味しい。今もインスタントのキノコスープを飲みながら書いている。


・・・うーん、これが限界。噂によるとロンドンの中華街、特に点心はレベルが高いらしいが、そういう洒落た所に行く機会が無いので恵みを享受できずにいるのです。

2012/02/14

経路の話

国際線というのは一日何本も出ているわけでもないのに、結構時間帯がかぶっている事が多い。ベーシックな立地理論から考えると当然なのだけど、困る時もある。

ということで、単なるメモですが、ロンドンから東京に行く際に、ロンドン発が夕方や夜になり翌日内に東京に着けそうなルートをまとめておきます。多分漏れがありますが・・・。


直行便
・JL 1900-1600
・NH 1900-1555

経由便
・AF (CDG)2320-1915
・CY 1805-1345 (HKG)
・AZ 2100-1650(ICN)
・CA 1740-1200 (PEK)
・KE 2005-1550 (ICN)

*FRAからJLとNH、CDGからJLの便があるが、安くないので記載していない。


AZかKEが便利で安いのかもしれませんね。地方都市に行くならなおさら。



2012/01/31

談志の話

ずっと気になっていたがあまり機会に恵まれず、気がつくと鬼籍に入っていて慌ててその人の作品を探す事がある。僕にとっては立川談志とはそういう人だった。

まぁ要するにニワカなのだ。僕は落語なんて何も知らないので良し悪しなぞ分る訳もなく、批評や本人の解説を読みながら落ちている「芝浜」などを見て、「はぁはぁ、なるほどこれが人間の業の肯定というものですか、納得納得」と言ってる救いようのない間抜けなのだが、そんな折に彼がNHKの「しゃべり場」に出演した時のものをたまたま発見して見て大変強い衝撃を覚えた。

http://youtu.be/igemu1O20sU?t=5m57s

いつ消えるか分らないので内容を簡単に書いておくと、10代の少年少女が「生きる意味とは何だろう、真剣に生きるとはどういう事だろう」という青臭くて目を背けたくなるがしかし背けずにはいられないテーマに関して、彼は若者にこう語りかける。

生きている事に意味なんてないんです。だからしょうがないから意味を付けたんですよ。逆に言うと意味を持たないと生きていられないから、意味を付けた。それが私にとっての落語だ。
 しかし「談志さんの落語いいですね」と言ってくれるって事で良しとしようってんだから、それは所詮妥協であり諦めさ。世間ではそれを意味というけども、まぁでも(生きる)意味はないんだと思います。



僕も10代の頃、いや今でもたまにあるからこそ是を書いているのだろうけども、彼らと同様生きる意味を考えてしまう事があって、大学入って少ししたころから「人生に最初から意味なんてないのだから、意味を付けてやろう」と思うようになりながら今もそのスタンスでいる。が、結局その付けてやる意味っていうのは社会貢献だの何だのっていう他人無しではありえないものであって、それは妥協であり諦めであり、もっと言えば意味の押し付けなんだよなぁとも思っている。まぁ純粋アカデミックな研究はちょっと毛色が違うかもしれないけど、そういう研究だけじゃモチベーションはそこまで湧かないのも事実。現状その辺を誤魔化し誤魔化し生きているけど、まぁ研究とか勉強していて素直に楽しいと感じられるからバランスが成り立っているのかもしれない。


で、何に驚いたって、齢60を超えガン宣告もされた人、それもあれだけ名声をほしいままにしたとされる人が同じような事を言っている、という事に驚いたのだ。ともすれば「いやーいい人生でした。意味を感じる事が出来ました。」と言ってもおかしくない成功者だと思っていた。ところが死を間近にしつつ人生に意味はないとこう言いきり「ずっとそう思って生きてきた」と言わんばかりだった。僕は自身の死生観はこれから人生を送る中で変わっていくものだと思っていたけど、どれだけ生きようとこのまま死ぬまで一緒なのかもなぁという気がしてきたのだった。


実はこういう死生観は案外皆持っているものなのかもしれないが、若者同士ならいざ知らず、おいそれと老人に死生観など聞けるチャンスなんてそうないのでその分衝撃だったのだろう。


ちなみに最後に彼はこう言っている。
一番いいのは惚れた女こしらえるとかですね。恋してればそんなこと(人生に意味があるかなんて)言わないと思いますよ。


まぁ、なんてスイーツ。

2012/01/28

喧嘩の話

この二週間くらい、数部屋先の所から夫婦げんかが聞こえてくる。アフリカ系?の響きで、烈火のごとく旦那が妻にキレているようだ。その凄まじさたるや恐ろしいものがあり、イヤホンをしていても気がつくくらい。勿論廊下中響いている。

そんなに喧嘩するなら分れちゃえばいいのに、なんてね。

とりとめないけど、久々に激しい人の感情に触れた気がして、なんとなく書いておこうと思った次第。あの部屋、大丈夫かなぁ。

追記:
今度は妻がキレてる。こりゃヤバいよ・・・。

2012/01/14

俳優の話

ロンドンに戻ってきた。試験も終わり、今日から平常運転。


さて、今は亡き伊藤俊人という俳優が小さい頃なんとなく好きだった事をふと思い出して調べてみたが、三谷幸喜の劇団員だったと言う事が判明した。他にも西村雅彦、梶原善、相島一之、甲本雅浩など名前は知らないけど、顔を見れば「ああ!あの人か!」という人たちがズラリ。


そういえば小さい頃、三谷幸喜作品のテレビドラマを良く見ていた気がする。「振り返れば奴がいる」「古畑任三郎」「王様のレストラン」あたりかな。特に「古畑任三郎」は当時推理モノが流行っていた事もあって、毎週かぶり付いて見てたなぁ。他のドラマというドラマは山崎豊子モノ(「大地の子」とか)くらいしか印象にないから、三谷幸喜比率はかなり高い。あのどこか演劇チックな小洒落た感じが好きだった。そういえば「新撰組!」も受験勉強しながら見てたわ・・・。


僕は三谷ファンです。

2012/01/04

面倒な話

普段組織に属していないと面倒な人間関係なんてあまり気にしなくて良いのだけども、世の中一般にはむしろそういうものに埋没していくのが普通らしく、今日はそういうものに足を絡め取られそうになった日だった。今日こそ「ふぅ、やれやれ」という言葉を使うのに最良の日であると思う。ふぅ、やれやれ。しかしこれからがもっと大変だ・・・。


とりあえず論文の一つに方向性がついたから、なるべく早く仕上げてしまいたい。今月末-来月頭までに出来れば第一稿かなぁ。色々とチェックしないといけないけども。

 
実家で置き去りにしていた「統治と功利」をちらっと読んで期待効用の基数性の取り扱いの議論を目にした。昔から気になっていたのだが、ああいう議論が一般的なんだなぁ。


自由に面白い事だけを考えて何かに向かって生きていきたいし、埋没する人生は御免蒙りたい。とりあえず若いころは僕はそう思うんだろうと思います。

2012/01/01

目標の話

ロンドンで年末買い物のついでに撮った写真をいくつか。


From london201112



まぁ新年ですので目標や最近の雑感など。

・修論の再推計をしていたら、 あれ?これ結果出てるんじゃないか、ってのを発見。もともとはこれがリサーチクエッションだったので、これがrobustに確認できれば先生と相談して春学期終わりぐらいには形にしたい。

・ 同じデータで別の事をやろうとしていたが、これはどうもテクニック的な興味が先走ってリサーチクエッション自体の練りが甘かったか。本当に知りたい事は何なのかを考えると、そんな難しい事しなくても、という話になってきた気がする。さて、問題は若い時にそういう技術の向上が見込めない事をするべきかどうかという事なのだが。これも要相談だなぁ。


・まぁコアコースはサクッと通りたいっす。はい。

・二年度はフィールドコースが始まるので、それをもとにしつつ何かマイクロ実証のプロポーザルを書きたい。取るとしたら、開発とポリエコor産業組織あたりかなぁ。うちの大学的にはポリエコをやるのが良い気がするが、所有権以外のポリエコは何があるかよく分らんし、イマイチ普通の意味での経済活動そのものとのつながりが薄い印象があるのが個人的には難点(選挙とかはちょっとなぁ)。まぁたぶん勘違いなので、シラバスや論文を熟読してから決めよう。

・二つ目の話をぽしゃるとなると、夏休みからの期間が空く。ここでも一つ何か始めないて、大き目のリサーチクエッションを練らないと。もし論文が発表可能だったら夏休みに学会周って業界の動向研究をしてもいいかな。

・あ、共同でやっているネタがあった。まぁこれはまだ不確定要素が大きいけど、ちゃんと出来れば面白いと思っている。

・焦らずに一歩一歩形にしていかないといけない。諦めや飽き?が早すぎる傾向にあるのが非常に気がかり。微妙な論文は書きたくないけど、かといって良い論文になるかはちゃんと練ってみないと分らない。微妙な気配が少しすると手を止めがちなんだよなぁ。これって偉い先生達も通ってきた道なんだろうか。とりあえずデータやテクニカルな事はさておき、イントロを書いてみてトップジャーナルに載ってもおかしくないものかを検討する(orしてもらう)ってのがいいかな。それでダメダメそうだったら時間の無駄だし、実現不可でもストックとしてアイデアは貯まるものだし。

・開発経済学者(たまご)としてのアイデンティティを見失いかけているので、それを取り戻したい。ここ最近面白いなぁと思う論文は大抵応用エコノメ論文やそのアプリケーションの実証論文だったりしていて、どうも開発から離れ気味。かといって開発の文脈で貢献が無い論文はそれほど書きたいとも思わないので、どうもうまくいかなった。でも最近復調傾向。

・ざっと見る限り開発の実証論文はトップジャーナルに載っていてもテク的には手の届く範囲だと思うので(じゃないと困るが)、テク以外の所(恐らくクエッション創作力)を磨くしかない。 あとはそれに応えるのにテクが必要だったら頑張ろう、もしくはトピックを取捨選択する際に難しそうなものを選ぶというスタンスでいよう。
 
・指導教官を選ばないと。これ一番重要かも。 今まで先生達との関係構築はそれほど気にしなかったけど(ゼミの先生だったりで)、こっちではゼミとかないし、語学の問題もあるから上手くいくかどうも心配。ミーティングはプレゼンという意識で、面談の練習をした方が良いな。つーかそれは日本にいる時もたまにしてたか・・。

何かグダグダと書いてしまいましたが、まとめると3本くらい上手くとっかかりが出来れば、という感じですな。多分うまくいくのが良くて1本だとは思うけど、一年一本出ればむしろ上出来な気もするし、結果にあまり囚われずkeep tryingなのである・・・。