2012/11/25

干渉

選挙が近い。だれに投票するべきかというのはいつもわからず、結局投票せずじまい、ということがほとんどであるが・・・。

権力を盾に伝統とか文化とか言い出す人たちは心底苦手なので、某野党はちょっと、という感じではあるが、かといってほかの面ではいいところがあるかもしれないので、まぁほぼ優劣をつけるのは不能なのである。論点が多すぎるし、それを絞っても結局政策の優劣なんていざ与党になったら新情報がぽろぽろ出てくるので変わりうる。そういう意味では、政策の目標とそれを実行するスタッフの質を見るしかないのかな。




しかし本当にそういう家父長のような権力者というのは政治だけではなく日常生活においても厄介なもので、まぁ僕は会社勤めもしていないのでそういう意味ではかなり恵まれているほうだが、それでもたまにはそういう人と相対しなければいけないこともある。そういう時には権力を無効化させるか、相手の権力が及ばないところに逃げ込むかの二択だと思っていて、大体逃げれるものはすべて逃げ切ったうえで、それでもダメなのは何とかして無力化させたい。余計な干渉に我慢したくないのである。


なるべくそういうトラブル的事象に合わないように生きていきたいが・・・。



0 件のコメント:

コメントを投稿