2012/01/31

談志の話

ずっと気になっていたがあまり機会に恵まれず、気がつくと鬼籍に入っていて慌ててその人の作品を探す事がある。僕にとっては立川談志とはそういう人だった。

まぁ要するにニワカなのだ。僕は落語なんて何も知らないので良し悪しなぞ分る訳もなく、批評や本人の解説を読みながら落ちている「芝浜」などを見て、「はぁはぁ、なるほどこれが人間の業の肯定というものですか、納得納得」と言ってる救いようのない間抜けなのだが、そんな折に彼がNHKの「しゃべり場」に出演した時のものをたまたま発見して見て大変強い衝撃を覚えた。

http://youtu.be/igemu1O20sU?t=5m57s

いつ消えるか分らないので内容を簡単に書いておくと、10代の少年少女が「生きる意味とは何だろう、真剣に生きるとはどういう事だろう」という青臭くて目を背けたくなるがしかし背けずにはいられないテーマに関して、彼は若者にこう語りかける。

生きている事に意味なんてないんです。だからしょうがないから意味を付けたんですよ。逆に言うと意味を持たないと生きていられないから、意味を付けた。それが私にとっての落語だ。
 しかし「談志さんの落語いいですね」と言ってくれるって事で良しとしようってんだから、それは所詮妥協であり諦めさ。世間ではそれを意味というけども、まぁでも(生きる)意味はないんだと思います。



僕も10代の頃、いや今でもたまにあるからこそ是を書いているのだろうけども、彼らと同様生きる意味を考えてしまう事があって、大学入って少ししたころから「人生に最初から意味なんてないのだから、意味を付けてやろう」と思うようになりながら今もそのスタンスでいる。が、結局その付けてやる意味っていうのは社会貢献だの何だのっていう他人無しではありえないものであって、それは妥協であり諦めであり、もっと言えば意味の押し付けなんだよなぁとも思っている。まぁ純粋アカデミックな研究はちょっと毛色が違うかもしれないけど、そういう研究だけじゃモチベーションはそこまで湧かないのも事実。現状その辺を誤魔化し誤魔化し生きているけど、まぁ研究とか勉強していて素直に楽しいと感じられるからバランスが成り立っているのかもしれない。


で、何に驚いたって、齢60を超えガン宣告もされた人、それもあれだけ名声をほしいままにしたとされる人が同じような事を言っている、という事に驚いたのだ。ともすれば「いやーいい人生でした。意味を感じる事が出来ました。」と言ってもおかしくない成功者だと思っていた。ところが死を間近にしつつ人生に意味はないとこう言いきり「ずっとそう思って生きてきた」と言わんばかりだった。僕は自身の死生観はこれから人生を送る中で変わっていくものだと思っていたけど、どれだけ生きようとこのまま死ぬまで一緒なのかもなぁという気がしてきたのだった。


実はこういう死生観は案外皆持っているものなのかもしれないが、若者同士ならいざ知らず、おいそれと老人に死生観など聞けるチャンスなんてそうないのでその分衝撃だったのだろう。


ちなみに最後に彼はこう言っている。
一番いいのは惚れた女こしらえるとかですね。恋してればそんなこと(人生に意味があるかなんて)言わないと思いますよ。


まぁ、なんてスイーツ。

2012/01/28

喧嘩の話

この二週間くらい、数部屋先の所から夫婦げんかが聞こえてくる。アフリカ系?の響きで、烈火のごとく旦那が妻にキレているようだ。その凄まじさたるや恐ろしいものがあり、イヤホンをしていても気がつくくらい。勿論廊下中響いている。

そんなに喧嘩するなら分れちゃえばいいのに、なんてね。

とりとめないけど、久々に激しい人の感情に触れた気がして、なんとなく書いておこうと思った次第。あの部屋、大丈夫かなぁ。

追記:
今度は妻がキレてる。こりゃヤバいよ・・・。

2012/01/14

俳優の話

ロンドンに戻ってきた。試験も終わり、今日から平常運転。


さて、今は亡き伊藤俊人という俳優が小さい頃なんとなく好きだった事をふと思い出して調べてみたが、三谷幸喜の劇団員だったと言う事が判明した。他にも西村雅彦、梶原善、相島一之、甲本雅浩など名前は知らないけど、顔を見れば「ああ!あの人か!」という人たちがズラリ。


そういえば小さい頃、三谷幸喜作品のテレビドラマを良く見ていた気がする。「振り返れば奴がいる」「古畑任三郎」「王様のレストラン」あたりかな。特に「古畑任三郎」は当時推理モノが流行っていた事もあって、毎週かぶり付いて見てたなぁ。他のドラマというドラマは山崎豊子モノ(「大地の子」とか)くらいしか印象にないから、三谷幸喜比率はかなり高い。あのどこか演劇チックな小洒落た感じが好きだった。そういえば「新撰組!」も受験勉強しながら見てたわ・・・。


僕は三谷ファンです。

2012/01/04

面倒な話

普段組織に属していないと面倒な人間関係なんてあまり気にしなくて良いのだけども、世の中一般にはむしろそういうものに埋没していくのが普通らしく、今日はそういうものに足を絡め取られそうになった日だった。今日こそ「ふぅ、やれやれ」という言葉を使うのに最良の日であると思う。ふぅ、やれやれ。しかしこれからがもっと大変だ・・・。


とりあえず論文の一つに方向性がついたから、なるべく早く仕上げてしまいたい。今月末-来月頭までに出来れば第一稿かなぁ。色々とチェックしないといけないけども。

 
実家で置き去りにしていた「統治と功利」をちらっと読んで期待効用の基数性の取り扱いの議論を目にした。昔から気になっていたのだが、ああいう議論が一般的なんだなぁ。


自由に面白い事だけを考えて何かに向かって生きていきたいし、埋没する人生は御免蒙りたい。とりあえず若いころは僕はそう思うんだろうと思います。

2012/01/01

目標の話

ロンドンで年末買い物のついでに撮った写真をいくつか。


From london201112



まぁ新年ですので目標や最近の雑感など。

・修論の再推計をしていたら、 あれ?これ結果出てるんじゃないか、ってのを発見。もともとはこれがリサーチクエッションだったので、これがrobustに確認できれば先生と相談して春学期終わりぐらいには形にしたい。

・ 同じデータで別の事をやろうとしていたが、これはどうもテクニック的な興味が先走ってリサーチクエッション自体の練りが甘かったか。本当に知りたい事は何なのかを考えると、そんな難しい事しなくても、という話になってきた気がする。さて、問題は若い時にそういう技術の向上が見込めない事をするべきかどうかという事なのだが。これも要相談だなぁ。


・まぁコアコースはサクッと通りたいっす。はい。

・二年度はフィールドコースが始まるので、それをもとにしつつ何かマイクロ実証のプロポーザルを書きたい。取るとしたら、開発とポリエコor産業組織あたりかなぁ。うちの大学的にはポリエコをやるのが良い気がするが、所有権以外のポリエコは何があるかよく分らんし、イマイチ普通の意味での経済活動そのものとのつながりが薄い印象があるのが個人的には難点(選挙とかはちょっとなぁ)。まぁたぶん勘違いなので、シラバスや論文を熟読してから決めよう。

・二つ目の話をぽしゃるとなると、夏休みからの期間が空く。ここでも一つ何か始めないて、大き目のリサーチクエッションを練らないと。もし論文が発表可能だったら夏休みに学会周って業界の動向研究をしてもいいかな。

・あ、共同でやっているネタがあった。まぁこれはまだ不確定要素が大きいけど、ちゃんと出来れば面白いと思っている。

・焦らずに一歩一歩形にしていかないといけない。諦めや飽き?が早すぎる傾向にあるのが非常に気がかり。微妙な論文は書きたくないけど、かといって良い論文になるかはちゃんと練ってみないと分らない。微妙な気配が少しすると手を止めがちなんだよなぁ。これって偉い先生達も通ってきた道なんだろうか。とりあえずデータやテクニカルな事はさておき、イントロを書いてみてトップジャーナルに載ってもおかしくないものかを検討する(orしてもらう)ってのがいいかな。それでダメダメそうだったら時間の無駄だし、実現不可でもストックとしてアイデアは貯まるものだし。

・開発経済学者(たまご)としてのアイデンティティを見失いかけているので、それを取り戻したい。ここ最近面白いなぁと思う論文は大抵応用エコノメ論文やそのアプリケーションの実証論文だったりしていて、どうも開発から離れ気味。かといって開発の文脈で貢献が無い論文はそれほど書きたいとも思わないので、どうもうまくいかなった。でも最近復調傾向。

・ざっと見る限り開発の実証論文はトップジャーナルに載っていてもテク的には手の届く範囲だと思うので(じゃないと困るが)、テク以外の所(恐らくクエッション創作力)を磨くしかない。 あとはそれに応えるのにテクが必要だったら頑張ろう、もしくはトピックを取捨選択する際に難しそうなものを選ぶというスタンスでいよう。
 
・指導教官を選ばないと。これ一番重要かも。 今まで先生達との関係構築はそれほど気にしなかったけど(ゼミの先生だったりで)、こっちではゼミとかないし、語学の問題もあるから上手くいくかどうも心配。ミーティングはプレゼンという意識で、面談の練習をした方が良いな。つーかそれは日本にいる時もたまにしてたか・・。

何かグダグダと書いてしまいましたが、まとめると3本くらい上手くとっかかりが出来れば、という感じですな。多分うまくいくのが良くて1本だとは思うけど、一年一本出ればむしろ上出来な気もするし、結果にあまり囚われずkeep tryingなのである・・・。